GDTの法則とは?人の感情を刺激する9つのトリガー


今回は、人の感情を刺激する9つのトリガーを紹介します。

この9つのトリガ^は、海外で有名なコピーライターであるマイケル・フォーティンが提唱したもので、向こうでは『3 x 3 Headline Rule』、日本では『GDTの法則』という名前で知られています。

一体、これはどういったものなのかというと、人には欲求を強く刺激する9つのツボというものがあります。

そして、これら9つのツボをおさえた上でセールスレターを書くことで、読んだ人を思わず欲しくて欲しくてたまらないといった状態にすることができます。

そうなると安価な商品はもとより、高額な商品でも飛ぶように売ることができます

GDTの法則とは?

それでは、GDTの法則とは一体なんなのかというと、

  1. Goal(目標)
  2. Desire(欲望)
  3. Teaser(焦らし)

これら3つの頭文字をとったものです。

Goal(目標)

Goalとは、目標を早く叶えたいとか、ラクして叶えたいとか、そういった人間なら誰しもが持っている基本的な欲求に触れたものです。

どちらかというと合理的な要素が強いため、万人に受け入れられやすいという特徴があります。

Desire(欲望)

次にDesireについてですが、DesireはGoalよりもさらに深いところにある、ふだんは人が表面には決して出さないような欲求のことです。

そのため、ここを刺激すると、Goalよりも強く感情を揺さぶることができます。

Teaser(焦らし)

最後にTeaserについてですが、これは直訳すると”焦らし”という意味になります。

Goalが理性、Desireが感情だとすると、Teaserは本能的な部分を刺激します。

TeaserはGDTの法則の中でも最も強力で、人を反射的に反応させることができるパワーを持っています。

9つのトリガー

今紹介したGoal、Desire、Teaserですが、これら3つの要素は、それぞれさらに3つの要素に分解することができます。

Goalの3要素ーTime・Effort・Money

まず、Goalの要素を3つに分解してみましょう。

Goalは、

  • Time(時間)
  • Effort(努力)
  • Money(お金)

の3つの要素に分解することができます。

Time(時間)

Timeとは、時間のことです。

人は、目標達成することになるべく時間をかけたくありません。

30年後に100万円手にする方法か、3日後に100万円手にする方法だったら、どっちの方法を知りたいと思うでしょうか?

Effort(努力)

次にEffortですが、Effortとは、努力のことです。

人は誰だって、時間をかけたくなければ、努力もしたくありません。

労働収入か不労所得、入ってくる金額が同じであれば、どちらを選ぶでしょうか?

Money(お金)

Goalの3つ目、Monerとは、お金のことです。

無料というのは人を惹きつける力がありますが、有料となると途端に人が減ります。

なんでかというと、多くの人は同じ結果が手に入るのであれば、できるだけ安く済ませたいと思っているからです。

Desireの3要素ーLust・Greed・Comfort

次にDesireが持つ3つの要素ですが、

  • Lust(美や性)
  • Greed(富や名声)
  • Comfort(快適さ)

この3つの要素に分解することができます。

Lust(美や性)

Lustというのは欲情に関する欲求で、美しくないたいとか、モテたいとか、そういった美とか性的な欲求にかかわってくる欲求のことをいいます。

Greed(富や名声)

2つ目のGreedというのは、富や名声などといった、人から羨まれるような社会的スタータスに関わる部分の欲求です。

Comfort(快適さ)

3つ目のComfortというのは、快適さを求める欲求のことです。

これには、痛みや苦悩から解き放たれ、楽になりたいといった願望も含まれています。

Teaserの3要素ーCuriously・Scarcity・Controversy

最後にティーザについてです。

ティーザーを分解してみると、

  • Curiously(興味性)
  • Scarcity(希少性)
  • Controversy(反社会性)

この3つに分解することができます。

Curiously(興味性)

Curiouslyとは、興味性といって、そんなこと言われたら思わず見ずにはいられなくなるようなモノのことを言います。

たとえば、雑誌の袋とじなんかは、それ目当てで雑誌を買う人もいるくらい興味性をくすぐるモノになっています。

Scarcity(希少性)

2つ目のScarcityとは、希少性のことです。

たとえば、数量限定だったり、期間限定だったりするような、「このチャンスを逃すと、もう2度と手に入らない」。

そういったものに人は弱い傾向があります。

Controversy(反社会性)

最後のControversyですが、これは反社会性といって、議論の的となるようなことをいいます。

たとえばですが「生活保護金でパチンコをしてもいいのかどうか?」。

この議論については、肯定派と否定派で意見が真っ二つに分かれますが、こんな感じであえて論争が起こるようなことを言うのが反社会性です。

GDTの法則のポイント

以上、9つのトリガーを紹介してきたわけですが、これらの要素を全て盛り込むことができたら強力なセールスレターができあがります

しかし、なにも無理に全部入れる必要はありません。

ただ、できるだけ多くの要素を盛り込んていったほうが、その分、強く人を突き動かすことができます。

GDTの注意点

ただし、注意点もあります。

強力なレターになればなるほど、それに対して反感を覚えたり、反発するといった、意見があわない人というのが必ずでてきます。

そのため、どんな人をターゲットにしてモノを言うのかを予め決めておかないと、この部分には共感できるのに、ここの所は理解できないといった感じで、ちぐはぐなレターができあがってしまいますのでそこだけは注意が必要です。

GDTのトレーニング

最後に、GDTの法則を使いこなすためのトレーニング方法を紹介したいと思います。

これは普段からできる簡単なトレーニングになっています。

あなたが何かを欲しいと思った時、その動機はGDTのうち、どこからくるものなのかを観察してみることです。

たとえば、「そろそろ美容院に行こうかな」なんていう風に、髪を切りに行きたいと思った動機はなんなのか?

自分で切ればタダなのに、どうして自分で切らないのか?

異性からモテたいから切ろうとしているのか、それとも、仕事で会う人に立派な人だと思われたいから切ろうとしているのか?

滅多にないイベントが控えているから、その前にオシャレをしておこうと思ったからなのか?

こういった自分の行動の動機をつぶさに分析してみると、最初はなんとなくかもしれませんがGDTの法則にあてはめていくことができます。

何回もやっているうちに次第に正確に分類することができるようになっていきますので、そうすると、レターを書くときにもいつの間にかGDTの法則が自然と使えるようになっていきます。