ワードプレスの記事投稿基本操作と記事作成機能の拡張方法


今回は、ワードプレスで記事を投稿するときの基本操作を説明していきます。

後半では記事作成機能を拡張する方法も紹介していきます。

投稿と固定ページの違い

まず、操作方法を説明していく前に、ワードプレスには、

  • 投稿
  • 固定ページ

という2つの投稿の種類があります。

ブログを更新するにあたり、基本的にはどちらを使っていけばいいかというと、普通の記事は「投稿」の方を使っていきます。

「固定ページ」の方は、どう使えばいいかというと、

  • 自己紹介
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

など、コンテンツとしての記事でなく、事務的なページを作るのに向いています。

新規投稿方法

それでは、新規投稿方法について解説していきます。

記事作成

新規記事を投稿する場合は、管理画面から「投稿」→「新規追加」を選びます。

1

一番上にタイトルを入力する箇所があり、その下に本文を作成できるエディタがあります。

また、ワードプレスでは何か編集したとき、オンラインにつながっていれば作業結果が自動的に保存されます。

ビジュアルエディタとテキストエディタ

エディタには、ビジュアルエディタとテキストエディタの2つのモードを切り替えることができます。

2

基本的にはビジュアルモードで書いていった方がわかりやすいですし、記事作成スピードも断然早いです。

ただ、アフィリリンクを挿入したり、特殊なコードを挿入する場合はテキストエディタでなければできないため、そういった時にテキストエディタを利用していきます。

文字装飾

文字を太字や色付きなど装飾をしたい場合は、ビジュアルエディタにあるツールバーから簡単に行なうことができます。

また、ショートカットも利用することができるので、これを使って編集スピードを激的に上げることができます。

ツールバーにある「キーボードショートカット」から簡単に調べられるので、よく使う編集はショートカット操作できるようになっておくと作業がはかどります

3

リンク挿入

リンクの挿入もショートカットで行なうことができます。

リンクを設置しようとするとリンクウィンドウが表示されますので、ここからリンクの編集ができます。

4

過去に書いた記事のリンクも簡単に貼れるので表示に便利です。

記事投稿

プレビュー

記事作成が完了したら、どんな風に映るのか「プレビュー」で確認することもできます。

また、「下書きとして保存」を選ぶと、現在の作業を保存することができます。

5

カテゴリー

記事編集が終わったらどのカテゴリーに登録するかを選びましょう。

基本的には、1記事1カテゴリーがセオリーとされています。

ここからカテゴリーを新規追加することもできますが、この場合はスラッグがカテゴリー名と全く同じになっているので、あとでスラッグを修正しておいた方がいいです。

6

タグ

また、タグも設定できます。

タグはカテゴリーとはまた違った記事のグループ分けができるわけですが、こちらは必須項目ではないので、入力してもしなくてもどちらでもかまいません。

必要であれば入力してください。

7

公開

最後に、記事を投稿するときは、「公開」ボタンを押します。

すると記事が公開されるわけですが、記事公開後でも「ステータス」を変更することで下書きに戻すことができます。

また、「公開状態」を選ぶことで非公開設定やパスワードをかけることもできます。

「公開日時」を設定すれば、投稿の予約や過去投稿ができるようになります。

「リビジョン」というのがありますが、これは記事の復元機能のことです。

ワードプレスでは定期的に自動バックアップをとっていて、作業を進めたけどやっぱり過去のバージョンに戻したいと思ったときは、リビジョンを利用すると過去のバージョンに戻すことができます。

8

以上が新規投稿の基本的な使い方になります。

最低限使うであろう基本的な部分を説明してきましたが、実際に使ってみればすぐにわかると思います。

ビジュアルエディタを拡張するプラグイン

最後に、ビジュアルエディタを拡張できるプラグインを紹介します。

ビジュアルエディタを拡張できる有名なプラグインに「TinyMCE Advanced」というプラグインがあります。

これをインストールすると「設定」の中に「TinyMCE Advanced」が表示されます。

10

これを使うとビジュアルエディタを好きにカスタマイズできるので、

  • デフォルトの配置が気に食わない
  • 機能をもっと追加したい

こんなときに使ってみてください。

PS

詳しい使い方についてはこちらから

TinyMCE Advancedの使い方とおすすめ設定