シェアする

MacのBluetooth接続がぶちぶち切れるので7つの対処法を試してみた

iMacを使っているのですが、MacOSをSierraにアップデートしてからなぜかやたらとBluetooth接続が切れるようになりました。

ひどい時には10秒に1回くらいのペースで接続が切れ、キーボード操作の認識がいかれるのか勝手に「っっっっっっっっっっっっっっっk」みたいな感じで延々と文字が打ち込まれたりして軽くホラー状態でした。

そんなわけでここ数日、いろいろな対処法を調べ全部で7つほど対策を試し、なんとか解決にこぎつけたので今回はその解決策をシェアしていきます。

Bluetooth接続が切れる原因は?

まずは対処法を調べる前にBluetooth接続が切れてしまう原因にあたりをつけました。

今回の私の場合ですと、iMacに接続していたトラックパッド、キーボード、マウスのBluetooth接続が一斉に切れるという形でしたので、それぞれの機器に問題があるというより、iMacに問題があると思いました。

これがマウスだけ接続が切れるとかであればマウスの電池を充電してみるとか、マウスにたまっているホコリを取り除くとかで解消できるらしいのですが、今回はそうじゃありません。

実は以前にもBluetooth接続がぶちぶち切れることがあり、この時はOS「El Capitan」で、OSのバージョンアップを実行したら症状が直ったという過去があります。

そして今回、OSを「Sierra」にアップデートした所、またもやBluetooth接続ぶちぶち問題が再発したので、こうしたことから「おそらくハード的な問題じゃなくて、ソフト的な問題なんだろうなぁ」と思い、ソフト的対処法を中心に試してみました。

1.Bluetoothのオン・オフ

まずは手っ取り早く試せる方法として、Bluetooth接続のオン・オフをしましした。

メニューバー右上にBluetoothアイコンがあるのでここを一旦「切」にして「入」にするだけです。

また、これと同時にハード側でもマウスやらキーボードやらの電源オン・オフを試してみました。

しかし、全く効果なし。

うんともすんともいわない。。

仕方がないので次の対処法を試してみました。

2.Bluetooth機器との再ペアリング

次に試した方法はBluetooth機器との再ペアリングです。

再ペアリングはBluetoothの環境設定から行なうことができます。

接続されている機器名の右側にバツ印があるので、ここをクリックして一旦接続設定を削除。

後に、ペアリングを行います。

しかし、この対処法も効果なし。

というか全部で7つ紹介するので7つ目まで効果なしです。

ただ、人によってはいずれかの対処法を取ることで解決することがあるようなので全て紹介します。

3.Macの再起動

Macを使ってると電源を落とすことってあまりないかと思いますが、「もしかしたら再起動で直るかもしれん…」と思い、システム再起動を試してみました。

結果からいうとこの方法も効果なし。

というか、再起動を試したところMacがシャットダウン直前に2秒間ほどバグったような画面になったのでかなり焦りました。

昔、スーパーファミコンをプレイ中にゲーム機を蹴っ飛ばしてしまい画面がぐちゃっとなったことがあるのですが、あんな感じで画面が崩壊したので一瞬鳥肌が立ちました。

ちなみに原因はいまだに不明です。

ここまでで自分の頭で思いつく対処法は全て試したので、次からはGoogle先生に頼って調べた方法になります。

4.Bluetooth.plistを削除して再起動

続いて試したのがBluetooth.plistなるファイルを削除して再起動するといった方法。

「/Library/Preferences/」の中に「com.apple.Bluetooth.plist」というファイルがあるのですが、このファイルを削除したあとシステムを再起動します。

急に英語のパス名が出てきたのでめんどくさくなったかもしれませんが、がんばってください。

ちなみに、「/Library」は「ライブラリ」と日本語表記されていることもあります。

「ライブラリ」がどこにあるのか分からなければFinderで「command(⌘) + ↑」を押すと、フォルダの一つ上の階層に移動することができるので、これを連打してルートから辿っていくとすぐに「ライブラリ」を見つけることができます。

ライブラリを見つけたら次は「Preferences」というフォルダを探して開き、この中にある「Bluetooth.plist」と書かれたファイルを削除します。

ちなみにもし「〜Bluetooth〜.plist」と書かれたファイルが複数あれば全て削除するといいらしいのですが、私の場合はファイルが1つしかありませんでしたのでBluetooth.plistのみを削除しました。(Bluetooth.plistを削除するときには万が一に備えてバックアップを取っておくことをおすすめします)

ファイル削除後、再起動を実行。

が、やっぱりダメ。

そんなわけで次の方法を試してみました。

5.NVRAM(PRAM)リセット

ここまで試してもダメだったので、お次はいよいよNVRAMリセットをかけることにしました。

NVRAMについてはAppleの公式ヘルプより引用。

Mac の NVRAM をリセットする方法 – Apple サポート

NVRAM とは?

NVRAM (不揮発性メモリ) はコンピュータに内蔵されている小容量のメモリで、macOS からすばやくアクセスできる場所に、所定の設定情報を記憶しています。NVRAM に記憶される設定情報は、お使いの Mac のモデルと、Mac に接続されているデバイスの種類によって異なります。

NVRAM には、次のような情報が記憶されます。

• スピーカーの音量

• 画面解像度

• 選択されている起動ディスク

• 最近起きたカーネルパニックの情報 (存在する場合)

Bluetoothの情報もここに記憶されているらしく、NVRAMをリセットすることで解消された人も多いという情報があったので、期待して試してみました。

この実行方法は難しそうに見えて案外簡単です。

  1. Macの電源を切る
  2. 電源を入れる
  3. 起動音がジャーンとなったら「command (⌘) + option + P+R」を同時押し
  4. キーを同時押ししたままの20秒くらい待つとMacがもう一度再起動し、2回目のジャーンという起動音が鳴るのでキーを離す

これでNVRAMリセットの完了です。

わりとキーが押しづらく、片手でおさえるとこんな状態になります。

ちなみに、2回目の起動はiMacだったためなのかもしれませんが、明らかにいつもの音質と違う乾いた起動音が鳴るので成功したかどうかは初めての人でもすぐに分かります。

ここまでで大抵の人は直るようなのですが、私の場合、結局これも効果なしでした。

6.ターミナルを起動してコマンド実行

ここまでで割りと心が折れていましたが、ターミナルでコマンドを実行することによりBluetooth接続を解消する方法があるということが分かりました。

方法としては次のコマンドを打ち込んで実行するというものです。

参考:東京伊勢海老通信

ターミナルは、「control (⌃) + スペース」のショートカットでスポットライトを起動し、「ターミナル」と検索をかけることで簡単に起動することができます。(スポットライトの設定がデフォルトであれば)

そして、ターミナルを開いた状態で先ほどのコマンドをコピペします。

するとMacのシステム制御パスワードの入力を求められるので、少し怖いですがパスワードを入力してEnterキーをタンッ!と勇気を持って入力します。

これでコマンド実行が完了し、Bluetoothぶつぶつ問題が解消されることがあるらしいのですが、私の場合はやっぱりダメでした。

というか、余計事態が悪化しました。

これまでぶつぶつ接続が切れる程度だったBluetoothが、ついにうんともすんともいわなくなり、全くつながらない状態になってしまいました。。。

結局、Bluetooth.plist削除、NVRAMリセットをかけることによってBluetooth接続ができる状態までに修復することができましたが、それでもぶつぶつ接続が切れる症状は改善できていないので、いよいよ最終手段を取ることにしました。

7.USBハブを使う

これまでいろいろ試してみた結果、もうどうしようもないのでソフト的な解決方法は諦めました。

本当は無線で使いたかったのですが、結局、USBハブを買ってBluetoothを辞めて有線接続に切り替えることで解決する方向に切り替えました。

ちなみに購入したのはこちら。

設置した感じはこんな感じ。

最近のUSBハブは洒落てますね。

USB3.0対応、Macと相性のいいデザイン、背面ケーブルという点がグッドです。

バスパワー・セルフパワー両対応で、PCからの給電もOK、電源アダプタがあればコンセントから電源をとることもできます。

プライム会員のお急ぎ便発送で注文後、2日で届きました。

そして、これによりBluetoothの接続がぶつぶつ切れて作業できなくなるという問題は解決したのでした。

総括

今回、いろいろな方法でBluetooth接続の解消を試みましたが、どれも上手くいきませんでした。

かといって有線接続にすると配線でテーブルがごちゃごちゃするのであんまり好きじゃないのですが、いちいちキーボード接続が切れたり、マウスが使えなくなるとそれこそ仕事が進まないのでどうしようもありません。

というわけで、有線に切り替えたのですがキーボードとトラックパッドを有線接続にしたら、なぜかそれだけでマウスのBluetooth接続が切れなくなりました。

電波の混線が解消されたからなのかは知りませんが、不思議です。

おわりに

ビジネスにおいて今や必需品といってもいいPCですが、PC周辺機器の使い勝手は仕事のスピードに大幅に影響してきます。

私も昔は全くこうしたことを意識しませんでしたが、自分でビジネスをするようになってから時間当たりの生産性を意識するようになりました。

やはりここは時間に対しての考え方が変わったといいますか、固定給だったサラリーマン時代は「終業までの残り時間をいかに時間を潰すか」という考え方をしていましたが、自分でやるようになってからは「いかに同じ時間でより多くの価値を生産するか」という考え方にシフトしました。

だからこそ、サラリーマン時代との収入にも当然、差が生まれてきます。

たかが周辺機器、されど周辺機器。

毎日使うものだからこそ、コンマ一秒の使い勝手にこだわりたいものですね。

自分のビジネスを始めるには?

「自分のビジネスを始めてみたいけど、どう始めたらいいのかわからない」

「最初になるべくお金がかからず、かつ、利益率がいいビジネスは?」

「そもそも自分のビジネスをやるために必要なスキルってなんだろう?」

そんなあなたのために動画講義135本超のビジネス教科書を作りました。

これは私がサラリーマン時代にはじめたビジネスで、独立にいたるまでに経た全てのステップを網羅した内容になっています。

今なら完全無料でダウンロードすることができますので、興味があればダウンロードしてみてください。

無料のビジネス教科書はこちら

シェアする