Googleアカウントを新規開設する方法


今回は、Googleアカウントをはじめて取得する人に向けた、アカウント取得方法の解説になります。

ネットでビジネスをする上でGoogleアカウントを最低1つは持っておくと非常に便利です。

動画でも解説していますが、1分もあれば簡単に取れますので、サクッと取ってしまいましょう。

Googleアカウント作成の手順

1.「Googleアカウント」作成画面を開く

まずはGoogleで「Googleアカウント」と検索します。

1

そうすると検索結果に「Googleアカウントを作成する」とでかでかと表示されますので、そのすぐ近くにある「アカウントを作成」をクリックして次に進みます。

2

すると、入力画面に移ります。

3

次は、ここを埋めていきます。

2.必要な情報を入力

入力すべき箇所がいくつかありますので、それを埋めていきます。

必須項目はこんな感じです。

4

名前に関しては本名ではなくても大丈夫です。

あとから変更もできます。

ただし、ここで登録した名前がメール送信者の名前となりますので、一応そのことを頭に入れておくといいかもしれません。

携帯電話と現在のメールアドレスは必須ではありませんが、こちらも一緒に登録しておくことにより、パスワードを忘れてしまたときなどに再設定することができます。

携帯電話を入れる箇所では既に+81と国番号が入っていますので、先頭のゼロを省いて携帯番号を入力します。

具体的に書くと、

080xxxxxxxx → 80xxxxxxxx

090xxxxxxxx → 90xxxxxxxx

こんな感じで頭の”0”をカットします。

3.画像認証と規約への同意

全て入力し終えたら、画像認証を行い、それができたら「Googleの利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」にチェックを入れて”次のステップ”をクリックします。

初回取得であれば、通常はこれでアカウントの取得が完了します。

5

ただ、特定の状況では次に紹介するアカウントの認証を求められることがあります。

アカウントの認証を求められた場合

普通はここまでのステップでアカウント取得は完了できているはずですが、連続でアカウントを取得したときにアカウントの認証が求められることがあります。

アカウントの認証が求められた場合、次の2つの方法でアカウントの認証を行なうことが必要となります。

テキストメッセージ(携帯電話のメール)

テキストメッセージでは、携帯電話のメールアドレスを利用します。

6携帯電話のキャリアと紐付いたメールアドレスを利用しますので、フリーメールなどは利用できません。

音声通話

音声通話では、自動音声によるガイダンスで認証コードを取得します。

7

音声通話の場合は自動音声の電話がくるのですが、コードを2回しゃべったあとに通話が終了しますので、メモ書きの用意をしておくといいかもしれません。

いずれにせよ、電話がないとダメということに注意してください。

そして、これらのどちらかを選択すると、すぐに認証コードが送られてきます。

認証コード登録

認証コードをゲットしたら、あとは認証コードを打ち込んでいくだけです。

8

これが終わると、めでたくGoogleアカウント作成が完了します。

アカウントの認証を求められることを避けたい場合

アカウントの認証は、Googleアカウントを連続で作成しようとしたときに求められますので、これを避ける方法としては、

  1. 時間をしばらく空ける
  2. PCでやったら次はスマホからやる

こうした方法を取ることでアカウント認証を回避することができます。

Googleアカウントが完成したらできること

Googleアカウントが完成した直後はGoogleにログインした状態になります。

Google関係のページを開いているときに、ページの右上の方をみてみると、自分のアカウントのアイコンが表示されているはずです。

9

そして、そのすぐ近くにグリッド型のアイコンが表示されているので、そちらをクリックすると、Googleのサービスを簡単に開くことができます。

10

この中にはGmailや、Googleドキュメントといわれる、いわゆるWordとかExcelとかPowerPointのような、便利なサービスが入っています。

YouTubeを始めるにもGoogleアカウントは必要になってきますし、とにかくGoogleアカウント1個あればいろんなことができるようになります。

これからネットでビジネスを始めたいと思い立ったのであれば、まずはビジネス用のGoogleアカウントを作成してみることから始めてみてはいかがでしょうか。