マーケティングとは何か?3つの誤解と後出しジャンケンの本質


今回は『マーケティングとは何か』ということを説明していきます。

ビジネスを順調に育てていくためには、マーケティングは非常に重要な要素です。

とくに、ネットビジネスにおいては便利なマーケティングツールが揃っているので、マーケティングスキルはネットビジネスでの収入にそのまま直結してきます。

マーケティングができるようになれば、お客さんが喜んでお金を払ってくれ、長い間、お客さんで居続けてくれるような仕組みを作り出すことができます。

マーケティングを知らない人が陥る誤解

それではマーケティングについて説明していく前に、マーケティングを知らない人が陥りがちな誤解を紹介しておきます。

誤解1.いいモノさえ作れば売れるはずだ

まずは、

  • 「いいモノさえ作れば売れるはずだ」

という誤解です。

一昔前まではそうでしたが、現代ではいいモノは作るのは最低ラインです。

たとえいい商品を作ったとしても、それがお客さんに伝わらなければ1個も売れることはありません。

こういった誤解を持ってしまうと、商品が完成した後に売れないことが判明し、気づいた頃には後の祭り、なんてことになってしまいます。

誤解2.売れないのは営業力が足りないからだ

続いて、

  • 「売れないのは営業力が足りないからだ」

という誤解です。

実はもう十分に営業できているかもしれないのに、流通チャネルなどのマーケティングの仕組みが機能していないせいで売れていないということもあります。

こうなると必要以上の売込みをかけてしまい、お客さんが離れていってしまう原因になります。

誤解3.知名度がないから売れないんだ

3つ目は、

  • 「知名度がないから売れないんだ」

という誤解です。

商品の知名度を広げる活動もマーケティングのうちですし、知名度があるからといって売れるわけでもありません。

この誤解を持ったままだと、効果が上がらないような広告を打ってしまい、お金をドブに捨ててしまうことになります。

マーケティングとは

それでは、マーケティングについてですが、マーケティングとは、一言で言えば、お客さんと商品を結びつけるための架け橋です。

まず、お客さんがなぜ商品を求めるのかということですが、本質的には、商品を求めているわけではありません。

では、一体お客さんが何を求めているのかというと、商品のその先にある、お客さんが望んでいる結果を求めています。

お客さんが求めているのは理想の結果

たとえば、運転免許証の写真撮影の前日、鼻のてっぺんに真っ赤な大きなニキビができたとします。

そしてこのとき、お客さんが望む結果というのはなんでしょうか?

もし、このまま写真に写ってしまえばこの先数年間、ニキビ顔の運転免許証を使わなければならなくなります。

そんなのは、誰だってイヤですよね。

ですので、なんとかしてニキビを治したいと思うわけです。

そして、そのためにニキビの薬を買ったり、ニキビが目立たなくなる化粧品を買ったりします。

極端なことを言えば、もし、証明写真を画像修正できるサービスがあったとしたら、それに申し込んで修正するかもしれません。

マーケティングは結びつける活動

マーケティングを考えるにあたり、このことを知っておくことは非常に重要です。

お客さんは商品を求めているのではなく、その先にある、望んでいる結果を求めているわけです。

そして、ここからがマーケティングの話になります。

お客さんが望んでいる結果を実現するのが”商品”であって、その商品とお客さんを結びつけるための活動が”マーケティング”になります。

マーケティングでやるべきこと

それでは、私たちがマーケティングで何をしていけばいいのかというこですが、やっていくことは単純です。

お客さんが対価を払ってもいいと感じる価値を効率的に提供し、お客さんに満足してもらいながら利益を最大化させていくだけです。

価値の提供

お客さんが払ってもいいと感じる対価というのは、いうなればお金のことです。

そして、ここで知っておいてもらいたいのが、価値と価値は同時交換されないということです。

私たちが普段、スーパーなんかで買い物をするときは、お金と商品を同時交換するので、一見すると価値も同じように、

  • 「いっせーのせ」

で同時交換しているかのように見えますが、実は違います。

実際は、お客さんは後出しジャンケンをしています。

お客さんは商品を見て、価格以上の価値があると感じたときにしかお金を払いません。

120円のコーヒーに対して、100円分の価値しか感じてない人が、120円払うことはないわけです。

ですので、私たちは、まずお客さんに先に価値を提供し、十分に価値を感じてもらうことでやっと商品を買ってもらうことができます。

効率的な活動

そして、この価値を提供するときには、できるだけ効率的に行えた方が望ましいです。

効率的というと、なんだか血が通っていないような感じに聞こえるかもしれませんが、血液の循環をイメージしてみてください。

ドロドロの血液では酸素や栄養を、脳や指先など体の隅々まで上手く供給できず、健康を損ねてしまいます。

一方、血液がサラサラであれば、酸素や栄養もスムーズに行き届けられるので、頭の回転もよくなりますし、健康でいられます。

ビジネスもこれと同じで、効率的に価値を提供できなければ、どこかに異常をきたしていずれは破綻してしまいます。

しかし、効率的に価値を提供できるようになればビジネスがスムーズに回り出すようになります。

お客さんの満足

そして最後に、お客さんに満足してもらうという部分ですが、ビジネスを安定して成長させるためには単発の売上で終わるのではなく、安定した継続収入がカギになってきます。

そのためにも、お客さんに満足してもらうというのは重要な課題で、お客さんに満足してもらうことができたら、お客さんがリピーターになってくれる可能性が高まります。

さらに言えば、あなたの熱狂的なファンになり、あなたのビジネスの基盤を支えてくれる存在になるかもしれません。

マーケティングまとめ

以上が、マーケティングについての説明になります。

マーケティングは裾野が広い分野ではありますが、今回の話ではマーケティングの中でも、とくに重要なエッセンスを凝縮しています。

この部分を理解した上で他のマーケティング手法を学んでいけば、理解が加速します。

ですので、腑に落ちるまで何度も見ていただけたらと思います。