セグメンテーションとは?ニーズのある市場を切り分けるための4つのアプローチ


今回は『ニーズのある市場を切り分けるための4つのアプローチ』を紹介していきます。

個人で新しくビジネスを始めようと思ったときにまず悩むのが、どの市場に参入していていこうか、という問題ではないでしょうか。

ニーズのある市場に入ることができればビジネスも上手く行きますが、そうでない場合、苦戦を強いられることになります。

では、どうすればニーズのある市場を発見できるのかというと、そこで役立つのが、セグメンテーションという考え方です。

セグメンテーションとは

セグメンテーションとは、市場の中からニーズを見出し、それを意味ある集団に切り分けていくマーケティング活動のことです。

市場をセグメント分けすることにより、市場のニーズを上手く捉えた事例はいくつもあります。

たとえば無印良品は、素材志向の人や、デザインのシンプルさを求めるといったニーズを見事に切り分け成功しています。

また、ファッション業界では、お兄系、お姉系、ストリート、フェミニン、などなど、セグメントがかなり細分化している業界ですが、ユニクロはあえてこれを大きなセグメントに切り分け、ベーシックカジュアルでまとめあげたことにより成功しました。

このように、市場のニーズを的確にセグメンテーションできれば、ターゲットとなる市場が見えてきます。

4つのアプローチ

では、どうやって市場を切り分けていくかということですが、これには大きく分けて4つのアプローチ方法があります。

1.ジオグラフィック

まず1つ目ですが、ジオグラフィックといって、地理的な条件で市場を切り分けていくアプローチです。

  • 気候
  • 温暖・寒冷
  • 地方なのか都市なのか
  • 地域特有の文化や習慣
  • お客さんの行動範囲

などなど。

こういった地域に関連深い要素を使って市場を切り分けていきます。

2.デモグラフィック

2つ目はデモグラフィックといった、人口動態別のアプローチ方法です。

人口動態というのは、

  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 職業
  • 所得
  • 学歴
  • 宗教

などなど、統計的データを利用して市場を切り分けていきます。

3.サイコグラフィック

3つ目はサイコグラフィックといって、お客さんの心理的な要因を切り口としていくアプローチ方法です。

たとえば、

  • ライフスタイル
  • 性格
  • 価値観
  • 所属意識

などなど。

このような目に見えない内面的な要素が切り口になります。

4.行動変数

最後は行動変数といって、行動パターンを切り口としたアプローチ方法です。

  • 製品に対する知識
  • 購買経験の有無
  • 商品の使用頻度
  • 購買方法
  • 購買パターン

などなど。

以上がセグメンテーションの4つのアプローチになります。

どのアプローチを使うべきか

どのアプローチを使ってセグメントを切り分けていけばいいかということですが、業界や商品によって市場の傾向が異なるため、一概にどれが正解というものはありません。

ただ、最近の傾向では、モノが十分に行き渡る時代になったため、消費者の間では目に見える価値よりも、精神的充足を求める傾向が強くなってきました。

そのためか、サイコグラフィックを使ったアプローチが近年増えてきているようです。

セグメンテーションが終わったあとは、今度はターゲティングをして、どの市場を攻略していくかを選定していきます。

これについては、また別の記事で解説します。

ターゲティングとは?参入市場を決める前に確認しておきたい6つのチェックポイント