心理学を学ぶ目的とは?ビジネス成功の秘訣を再確認


今回は、心理学を学ぶ目的について説明していきます。

この記事を見ている勉強熱心なあなたには、今さらな説明かもしれませんが、再確認の意味も込めてサックリとですが、あえて説明していきます。

ビジネス成功の秘訣は心理学にアリ

なぜ、心理学を学んでおくといいのかということですが、その前提として、ビジネスの秘訣をあなたに伝えておかなければいけません。

ビジネスの秘訣というのは、”どうすれば人は動くのか”、ということを知ることです。

人には、感情と心があり、心のツボが押されることによって、

  • 不安になったり
  • 興奮したり
  • 勇気が湧いてきたり

といった具合に、感情が動くという作用を持っています。

感情が動くと行動が起こる

そして、一旦感情が突き動かされると、今度は、感情の勢いに乗せて行動を起こし始めます。

たとえば、満員電車のときに後ろの人から肘でゴリゴリ押されたらイラッときますが、このイライラが限界を迎えれば最終的にはケンカに発展します。

また、受験や資格試験で勉強量が足りていないと不安になったら、深夜2時であろうがこの不安を払拭するために勉強をし始めたりします。

こんな感じで、人が何か行動を起こすときというのは、感情が動いたときです。

そして、感情が動くきっかけとなるのが心のツボが押されたときです。

心理学を学ぶメリット

心理学を学ぶメリットは、この、心のツボを短時間で知ることができるということです。

人の心の、どの部分に、どんなツボがあり、どんな風に押せば、どう作用するのか。

心理学者たちが研究を重ねた結果、ある一定のパターンがあることが発見され、それが学問としてまとめられているので、私たちはその恩恵を享受することができます。

ビジネスに関連深い心理学の種類

その研究の成果はビジネスの分野でも認められていて、

  • 行動心理学
  • 購買心理学
  • 販売心理学

といった、ビジネスとの結びつきが深い心理学の分野もあるほどです。

ビジネス心理学を学ぶならまずはこの1冊

最後に、ビジネス心理学の鉄板書として有名な本を紹介して終わりたいと思います。

どんな本かというと、ロバート・チャルディーニ氏が書いた『影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか』という本があります。

これは、人に影響を及ぼす6つの要素について語られている本であり、ビジネス書としても非常に有名な本ですので、まだ読んだことがなければAmazonでポチるなりして、1回読んでみてください。

読み終わった頃氏は、あなたの武器が6つ増えているだけなく、内容も普通に面白いのでオススメの一冊です。