好意の法則でコミュ力アップ!好意を感じる5つのタイミング


今回は、『好意の法則』について紹介していきます。

好意の法則をマスターすれば、人間関係がよくなるだけでなく、人から応援してもらったり、助けてもらいやすくなるので、早いスピードで成功することができるようになります。

逆に、世の中には、好意の法則を知らないばかりに、人生損してしまっている人も大勢います

たとえば、会社で上司から好かれていれば重要な仕事が回ってきやすいですが、上司から嫌われていたらどうでもいい仕事ばかり回ってくると言った風に。

ここでは、そんなことがないように、好意の法則をマスターするコツも合わせて紹介していきます。

好意とは

それでは好意についてですが、人は、好きな人の要求にはなんとしてでも応えたいと思う心理があります。

好きな人のお願いというのは簡単には断れないものですし、なんとかして助けてあげたいと思うのが人情というものです。

そして、この好意をビジネスに取り入れるとどうなるかというと、ビジネスに安定感が生まれます。

嫌いな場所にお客さんは来ない

たとえば、美容院を選ぶときに、嫌いな美容師がいる美容院に行こうと思うでしょうか?

まず、思いませんよね。

逆に、好きな美容師がいる美容院だったら、多少遠くてもそこに通うはずです。

コンビニを例にした場合でも、嫌いなコンビニ店員がいるレジには並びたくないはずです。

こんな感じで、好意はビジネスに深く影響を及ぼします。

好意を感じる5つのタイミング

それでは、人は一体、どんなときに好意を感じるのかということを説明していきます。

人が好意を感じるタイミングには、5つのタイミングがあります。

  1. 好意を持たれていると感じたとき
  2. 類似性を感じたとき
  3. 称賛を受けたとき
  4. 守ってもらったとき
  5. 共通の目標に向かって協力しているとき

それでは、順番に説明していきます。

1.好意を持たれていると感じたとき

1つ目のタイミングは、好意を持たれていると感じたときです。

今までは視界に入っても気にもとめなかったのに、

「好きだ」

と告白されてから急に意識するようになった、なんて話はよく聞く話しです。

人は鏡のような性質を持っていて、人にしたことは自分に跳ね返ってきます。

この性質を利用し、相手から好かれたければ、まずはこちらから好きになることです。

実はこれが一番重要だったりします。

2.自分と似た人だと感じたとき

2つ目のタイミングは、類似性を感じたときです。

「あ、この人、私と一緒だ」

と、感じてもらったとき、その人の心の中で、あなたとの距離がグッと縮まります。

初対面ぼ人が集まって自己紹介したら、同じ出身だとか、同じ年齢だとか、名前が一緒だったとか。

そういった類似点があると嬉しくなり、好感を抱くものです。

3.称賛を受けたとき

3つ目のタイミングは、称賛を受けたときです。

人は、自分を肯定してくれる人のことを好きになります。

また、面白いことに、称賛の真偽は関係ありません。

嘘だろうが本当だろうが関係なく、その効果を発揮することが研究でわかっています。

なので、上司にゴマをする行為というのは、実は効果的だったというわけです。

ただし、だからといって、お世辞やでっち上げを連発するのはNGです。

なぜかというと、嘘の称賛を繰り返していくと、どうしてもその人に好意を持ちづらくなってしまうからです。

人に好かれるには、まずこちらからという話しを先ほどしましたが、こっちの方が重要ですので、お世辞はほどほどにしておきましょう。

4.守ってもらったとき

4つ目のタイミングは、誰かに守ってもらったときです。

ドラマやアニメなんかでヒーローが助けてくれる場面を想像するとわかりやすいですが、ピンチを救ってくれる人というのは、まるで神のように見えてしまうものです。

身近な例でいえば、仕事でミスしたときに誰かがフォローしてくれたり、励ましてもらったりといった場面が挙げられます。

5.共通の目標に向かって協力しているとき

最後は、共通の目標に向かって協力しているときです。

学生時代、体育祭や文化祭の時期になると、なぜか急にカップルができはじめるといった現象を見たことはないでしょうか?

その原因というのも、お互いに目標を共有することによって、仲間意識が強くなっていったからです。

ちなみに、一見敵対しているような相手に見えても、実は目的が一緒だったりすることがありますので、そういった相手に協力を申し込むというのも効果的な手だったりします。

自分から好きになることが一番大事

以上が、好意を感じる5つのタイミングになります。

好意の法則は、ふだんの何気ないコミュニケーションのときにも使っていけるので、ガンガン実践していってみてください。

やればやるほど上手くなっていきます。

一番のコツは、まずは自分から好きになっていくことです。

これさえできれば、好意の法則の8割はクリアしたようなものです。