ポモドーロテクニック実践アプリBe Focused Proのレビュー


生産性を上げるための仕事術のポモドーロテクニック。

ポモドーロテクニックとは?疲れることなく生産性を激的に上げる仕事術

キッチンタイマーやスマホのタイマーがあれば十分できますが、

「いちいち手動で切り替えるのがめんどくさい。。。」

というわけで、ポモドーロテクニックの実践をラクにしてくれるアプリはないかと思い『Be Focused Pro』を使ってみました。

Be Focused ProにはMac版とiPhone版があります。

Be Focused Proの使い勝手

結論から先にいうと、Be Focused Proはなかなか使い勝手がよかったです。

基本的にMacで利用しているんですが、iPhone版も使っています。

個人的にグッときたポイントは次のポイント。

  • キーボードショートカットでタイマーを1発スタート
  • タイマーが0になったらタスクと休憩を自動切り替え
  • タイマーのカチカチ音を鳴らすことができる
  • iPhone、AppleWatchとリアルタイム同期ができる
  • デザインがシンプル

※デザインはこんな感じです

1

その他の特徴

レポート機能

その他の特徴として、レポート機能があります。

タスクごとや期間別にレポートを見ることができ、CSVで出力することもできるのでわりと充実しています。

2

メニューバーにタイマー表示

また、タイマーをスタートさせるとメニューバーにもタイマーが表示されるので、残り時間を確認しながら作業ができます。

3

タイマーの長さやインターバルの細かい設定

1ポモドーロの時間や、休憩時間、何回ポモドーロをこなしたら長い休憩に入るか。

こういったこともいろいろ設定できます。

5

唯一の惜しい点

Be Focused Proの惜しい点としては、タイマーのカチカチ音を設定すると、休憩のときまでカチカチいってうるさい点です。

タスクをこなしているときにカチカチなるのは集中力を高めてくれるので全然いいのですが、休憩のときまでカチカチいうせいで、休憩中に焦ってしまいます。

タスク中と休憩中に個別で設定できればよかったんですが。

とまぁ、唯一の惜しい点もありますが、使っているうちに慣れてしまうので、最初は違和感あっても段々気にならなくなっていきます。

無料版とPro版の違い

Be Focused Proは、無料版と有料のPro版がありますが、その違いは次の通り。

  • iPad、iPhoneおよびMacの間での完全な同期
  • CSVファイルにエクスポートする
  • バナー無し、広告無し

これ以外の機能は無料版でもPro版でもどちらでも使えます。

私はPro版を購入しましたが、その理由はAppleWatchでリアルタイム同期を取りたかったからです。

※AppleWatchでの表示はこんな感じ

4

私は休憩中、PCを離れてコーヒーをいれにいったり、軽く運動をするのですが、この時に休憩時間が残りあとどのくらいか確認できないのが不便だったからです。

休憩の残り時間が分からないとリラックスしてゆっくり休憩できませんからね。

私はこういう理由でPro版にしましたが、普通に使う分には無料版で十分です。

アプリを使えば自動でポモドーロテクニックを回せるので、生産性アップ間違いなしです。

iPhone版

Be Focused – 仕事および勉強用の Focus Timer
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料
Be Focused Pro – 仕事および勉強用の Focus Timer
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥240

Mac版

Be Focused Pro – 仕事および勉強用の Focus Timer
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥600