Windowsの圧縮解凍ソフトLhaplusの導入から使い方


今回は、Windowsの解凍圧縮ソフト『Lhaplus』の導入と使い方を説明していきます。

Lhaplusを使うとどうなるか?

Lhaplusを使えば、zipやlzh、rarなどの圧縮ファイルが開けるようになります。

また、ファイルの圧縮もドラッグ&ドロップで簡単にできるので、大容量ファイルをやり取りするときにも使えます。

対応拡張子

Lhaplusは次の拡張子に対応しています。

普通に使う分であればLhaplusで十分事足りるので、よく分からなければ気にしなくても大丈夫です。

展開と圧縮に対応している形式 – b64(base64), bh, bzip2, cab(Cabinet), gz, lzh,tar, taz, tbz, zip(jar), exe(SFX)

展開のみ対応している形式 – Ace, arc, arj, lzs, mim(MIME), rar, tgz, uue, xxe, z(UNIX Compress), 7z, zoo

Lhaplusの導入

Lhaplusの導入方法について説明していきます。

1.ダウンロード

まずはインターネットからLhaplusをダウンロードします。

Lhaplusはフリーソフトですので無料で使えます。

ダウンロードは窓の杜からできます。

Lhaplus – 窓の杜ライブラリ

2.インストール

ダウンロードが完了したら、次はファイルを実行します。

するとインストールが始まります。

初心者に最適な設定になるように作られているので、何も考えずにどんどん「次へ」を押していって大丈夫です。

3.初期設定

インストールが完了すると初期設定画面が自動で開きます。

最初から初心者におすすめな設定になっていますので、よく分からなければこのまま「OK」を押してしまって大丈夫です。

これで導入は完了です。

Lhaplusの使い方

次に、Lhaplusの使い方を説明していきます。

1.圧縮方法

圧縮方法についてですが、インストールが終わるとデスクトップ上にLhaplusのショートカットが作られているので、ここにファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

圧縮形式を聞かれるので、好きな圧縮形式を選びます。

どれがいいかわからなければ、とりあえず「.zip」を選んでおけば大丈夫です。

1

2.解凍方法

続いて、圧縮ファイルを解凍する方法です。

ファイルを解凍したいときは、そのままダブルクリックするだけでOKです。

初期設定直後にファイルを開こうとすると、圧縮ファイルをどのファイルで開くか聞いてくるので、Lhaplusを選び、「常にこのアプリを使って〜」という部分にチェックをいれて「OK」を押します。

2

こうしておけば今後、圧縮ファイルを開くときは自動でLhaplusで開くようになります。

Windowsの圧縮解凍ソフトはこれ1つあれば十分ですので、まだ圧縮解凍ソフトを使っていなければさっそく導入してみてください。

Lhaplus – 窓の杜ライブラリ