Windowsの無料キャプチャ注釈ソフトScreenpressoの導入と使い方


今回はWindows用の無料キャプチャソフト『Screenpresso』の導入方法と使い方を説明していきます。

Screenpressoはどんなソフト?

Screenpressoはどんなときに使えるかというと、アプリやツールなどの使い方を説明するときに、注釈入りの説明画像をパパっと作りたいときに向いています。

※こんなのが作れます

sample

スクリーンショットを取ると同時に、そのまま矢印やテキストをいれたり、ぼかしをつけることができるので、Photoshopなどの画像編集ソフトよりもはるかに簡単に説明画像を作れます。

Screenpressoの導入方法

それでは、Screenpressoの導入方法を説明していきます。

ダウンロード

Screenpressoは、公式サイトからダウンロードすることができます。

Download | Screenpresso

英語サイトですが、赤いボタンを目印に進んでいけばダウンロードまでたどり着くことができます。

1

※1回クリックすると次のページが表示されるのでもう1回クリック

2

途中、ポップアップでメール登録を促されますが、「skip」してかまいません。

3

ここまでくればページが切り替わり、ダウンロードが始まります。

インストール

ファイルがダウンロードできたら次はインストールです。

ダウンロードしたファイルを実行すると、インストールするかそのまま実行するか聞かれるので、「インストール」を選びます。

4

あとは指示どおりにインストールを進めていけばインストール完了です。

インストールが終わるといきなりWebページが立ち上がってScreenpressoのアンケートページに飛ばされることがありますが、インストール自体はもう終わっているのでこのページはそのままそっと閉じてしまって大丈夫です。

Screenpressoの使い方

それでは、次はScreenpressoの使い方を説明していきます。

1.スクリーンショットの取り方

Screenpressoはタスクバーから起動することができます。

5

そして、「キャプチャ」から「スクリーンショット」を選択すれば、スクリーンショットが取れます。

6

2.画像編集でできること

スクリーンショットを取ったあとはワークスペースにキャプチャが保存されるので、サムネイルをダブルクリックするとその画像の編集画面が開きます。

11

画像編集は、ウィンドウ上部にある各アイコンをクリックすれば次のような編集ができます。

  • 矢印を描く
  • 四角形を描く
  • テキストボックスを追加
  • 吹き出しを追加
  • 番号付けを追加
  • 強調
  • 楕円を描く
  • ポリゴン描画
  • フリーハンド
  • 指定の領域をぼかす
  • 画像を追加
  • ルーペを使う
  • 波括弧を描く

今回は矢印とテキストボックスとぼかしだけの簡単なサンプルを作りました。

7

この他にも画像リサイズや、ドラッグ&ドロップを使った合成機能なんかもあり、無料にしてはかなり多機能です。

3.画像を保存

最後、画像を保存するときは、ウィンドウ左上にある「別名で保存」から画像を保存することができます。

8

保存形式は基本的にpngを選んでおくといいです。

12

pngは画質もよく、透過処理を残したまま画像を記録しておくことができるからです。

Windowsユーザーの特権

以上、Screenpressoについて簡単に説明してきました。

サッと説明してきましたが、この手のソフトは説明を見るよりも実際に触った方が早いです。

私はMacなのでSkitchというキャプチャアプリを使っていますが、正直、Windowsユーザーが羨ましいくらいScreenpressoは高機能です。

説明画像を作るときに何を使うか迷ったなら、Screenpressoを使ってみてください。

Download | Screenpresso