Macの無料キャプチャ注釈ソフトSkitchの導入と使い方


今回はMac用の無料キャプチャソフト『Skitch』の導入方法と使い方を説明していきます。

Skitchはどんなソフト?

Skitchを使えば、アプリやツールなどの説明画像を短時間で作ることができます。

文字入れや強調、モザイクもかけることができるので、Photoshopなどの画像編集ソフトを使うよりも簡単に説明画像を作ることができます。

※こんなのが作れます

sample

Skitchの導入方法

Skitchの導入方法を説明します。

ダウンロード&インストール

SkitchはMac App Storeから無料でダウンロードすることができます。

Skitch – 撮る。描き込む。共有する
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

ダウンロードが終われば自動的にインストールされます。

Skitchの使い方

続いて、Skitchの使い方を説明していきます。

1.スクリーンショットの取り方

Skitchにはキャプチャ機能がついていますが、私はMacの標準キャプチャ機能を使ってスクリーンショットを取ったあと、PhotoshopでリサイズしてからそれをSkitchで編集しています。

Skitchのキャプチャ機能はカメラにも対応しているのでキャプチャの種類が多いですが、デスクトップ画面のキャプチャだけならMac標準のキャプチャを使った方が早いです。

Mac標準のキャプチャ機能の使い方

Mac標準のキャプチャ機能でスクリーンショットの取る方法は次の通り。

  • 全画面キャプチャ : Command + Shift + 3
  • 画面を範囲選択してキャプチャ : Command + Shift + 4

範囲選択でキャプチャしている最中に「スペースキー」を押すことにより、ウィンドウにフォーカスしてスクリーンショットを取ることができます。

1

また、このとき、さらに「Command」キーを押すと、ウィンドウの中にフォーカスできる部分があれば、その一部にフォーカスしてスクリーンショットを取ることもできます。

2

2.画像編集

スクリーンショットを取ったらいよいよSkitchの出番です。

Skitchを開くとこんな画面になりますが、ここに編集したい画像をドラッグ&ドロップするだけです。

3

次に、画像編集したい場合は、画面左にある各種ツールアイコンを押します。

※編集できる操作は上から順番に以下の通り

  • 画面に矢印を追加
  • 画面にテキストを追加
  • 画面に図形を追加(長方形、角丸長方形、楕円、線)
  • 画像の上に描く(ペン、蛍光ペン)
  • 画像にスタンプを追加(5種類)
  • 画像にモザイクをかける
  • 画像を切り取る(リサイズ)

3.画像を保存

画像を保存するときは、

  • Command + E

を押してエクスポートを実行します。

画像の品質も選ぶことができます。

フォーマットに関してよく分からなければpngがおすすめです。

理由は、pngは画像の透過処理を残しつつ画質もいい状態で保存できるからです。

おわりに

以上、Skitchの使い方になります。

私は注釈入りの画像を作るときは大体Skitchで作っています。

非常にお手軽に作れますし、無料で使えます。

Macを使っていて説明画像を作るときはSkitchを使ってみてください。

Skitch – 撮る。描き込む。共有する
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料