目次が簡単に作れるTable of Contents Plus設定方法+センタリング方法


今回はワードプレスで目次を作ることができる『Table of Contents Plus』の設定方法を紹介します。

どんなことができる?

Table of Contents Plusを使うと、ワードプレス記事で見出しを設定したときに自動的に目次を作ってくれるようになります。

※この記事がまさにそうです

目次があると記事の全体像が一目で把握しやすくなるので、ユーザーが求めている情報を探しやすくなります。

ハウツー系の記事なんかとは相性がいいです。

設定方法

設定方法ですが、Table of Contents Plusをインストールして有効化すると、サイドメニューの「設定」の中に「TOC+」という項目が表示されるようになります。

1

これを開くと設定画面になります。

最低限やっておいた方がいい設定

いろいろと設定できる項目がありますが、最低限やっておいた方がいい設定は1つだけです。

それは、「post」にチェックを入れることです。

2

ここにチェックを入れておかないと他をいくら設定した所で、投稿記事に目次が表示されませんので注意してください。

ちなみに、「page」は固定ページのことを指しています。

ワードプレスでは

  • post=投稿記事
  • page=固定ページ

という意味になっていますので、これも覚えておくと後々便利です。

その他の設定

あとの設定は目次の見栄えに関する設定ですので、「こんな設定ができるんだなぁ」くらいにサッと説明していきます。

「表示する場所」「表示条件」は好みに合わせて好きなものを選んでください。

「見出しテキスト」というのは、目次のタイトルのことです。

日本語で「目次」としておくのが違和感がないでしょう。

その他にも、目次をしまったり表示したりできる設定もあります。

個人的には不要な機能だと思うのでチェックを外しています。

3

「番号振り」にチェックを入れておくと、目次に自動的に番号を振ってくれますが、かえって目次が見づらくなるのでこれもチェックを外しています。

「スムーススクロール」に関してですが、これにチェックを入れておくと、目次をクリックしたときに流れるように目次の位置までスクロールするようになります。

「スクロールしない」と書かれているのでちょっと紛らわしいですが、チェックを入れるとスクロール機能オンです。

5

目次をクリックしたときに、パッと切り替われるのか流れるように動くのかは好みが分かれる所だと思いますが、スクロールオンの方がなんとなくオシャレに見えますので私はチェックを入れています。

覚えておくと便利な除外設定

続いて、上級者向けの設定ですが、ここは基本的にいじる必要はありません。

ただ、その中でも覚えておくと便利なのが「除外する見出し」の設定です。

たとえば、ここで除外設定をした見出しは目次に表示されなくなりますので、追伸のときに使う「PS」なんかを登録しておくと便利です。

6

設定の反映

全ての設定ができたら、最後に「更新」ボタンを押せば設定が反映されます。

目次をセンタリングしたい場合は?

ちなみに、Table of Contents Plusで作成した目次は左寄せで表示されていますが、設定画面には目次を中央寄せにする設定がありません。

ですので、目次をセンタリングしたい場合は、cssをいじる必要があります。

センタリング方法

やり方は、プラグイン一覧からTable of Contents Plusを「編集」を選び、画面右側にある”screen.min.css”を編集していきます。

7

8

そしてここの一番下に、次のコードを追加し、「ファイルを更新」します。

9

これで、目次のセンタリングができるようになります。

10

目次を中央寄せしたいけどできないという場合に試してみてください。