インデックス速度が上がるGoogle XML Sitemapsの使い方


今回は『Google XML Sitemaps』の設定方法を紹介します。

使うとどうなる?

これを使うとどうなるかというと、簡単に言えば、投稿した記事が検索結果に表示されやすくなります

通常、新しい記事を投稿した直後というのは、検索エンジンにそのページの存在が知られていないので、検索結果に反映されるまでに少々時間がかかります。

しかし、XMLサイトマップという検索エンジン向けのサイトマップを作ることで、検索エンジンに新しいページを通知できるようになり、検索結果に素早く反映してもらうことができます。

通常、このXMLサイトマップは自分で作る必要がありますが、Google XML Sitemapsを使えば、これを自動生成してくれる上、記事を投稿・更新したときに自動通知までしてくれるようになるので、手間をかけずにSEOを強化することができます。

設定方法

それでは設定方法ですが、Google XML Sitemapsはインストールして有効化するだけ、設定不要で使うことができます。

このプラグインが正しく機能しているかどうかは、「設定」から「XML Sitemap」を開けば確認することができます。

1

プラグインをインストールした直後では、「検索エンジンに通知されていません」と表示されていますが、何か記事を1つでも投稿すればサイトマップが自動生成されます。

2

記事を投稿したあとにもう一度確認してみると、今度は「正しく通知されました」と表示されています。

これできちんとサイトマップが生成されたことがわかります。

3

おわりに

以上が、Google XML Sitemapsの設定方法になります。

サイトマップを早めに用意しておけば、その分、検索エンジンにも早めに表示されるようになります。

そうなれば、アクセスも早い内から集まり始めますので、このプラグインはワードプレス初期設定時に導入しておきましょう。