サイトマップを自動生成してくれるPS Auto Sitemapの使い方と設定方法


今回はサイトマップを自動生成してくれるプラグイン『PS Auto Sitemap』の使い方を説明していきます。

これを使うと?

これを使うと、こんな感じのサイトマップが簡単に作れます。

sample

サイトマップはブログの目次みたいなものです。

記事の数が増えていくと、ブログにどんな記事があるのか探すだけでも一苦労になりますが、全体の構成を一目で確認できるサイトマップを用意しておけば、ユーザーが情報を探しやすくなり、ユーザビリティが上がります。

ただ、これを手作業でやるとなると、記事を更新する度にサイトマップも更新しなければいけないので、なかなかに骨が折れる作業になります。

そこで使うと便利なのが、PS Auto Sitemapです。

これを使えばサイトマップを自動で作成してくれるので、大幅に手間を減らすことができます。

使い方

それでは、PS Auto Sitemapの使い方を説明していきます。

まず、PS Auto Sitemapをインストールしたら、「固定ページ」からサイトマップ用ページを新規作成します。

1

タイトルやパーマリングは自由に決めてもらって大丈夫ですが、ここでは分かりやすいようにサイトマップと入れておきました。

2

ページが作成できたら、一度「下書き保存」しましょう。

保存が終わったら今度はURLに注目してみてください。

“post=数字”という箇所があります。

3

ここが記事番号になっているので、これを覚えておきます。

番号を覚えたら一旦固定ページを離れ、「設定」から「PS Auto Sitemap」を開きます。

4

PS Auto Sitemapの設定画面の中に、「サイトマップを表示する記事」というのがあるので、ここにさっきの番号を入力して変更内容を保存します。

aa

設定画面の一番下にサイトマップのコードが表示されていますので、これをコピーし、また先ほどの固定ページに戻ります。

5

固定ページに戻ったら「テキスト」エディタに切り替え、先ほどのサイトマップコードを貼り付けます。

このとき、ビジュアルエディタに貼り付けても反映されませんので、必ずテキストエディタに切り替えてからコードを貼るようにしてください。

6

ここまできたらあとは記事を「公開」すれば、サイトマップが表示されるようになります。

設定

それでは、PS Auto Sitemapの設定について説明していきます。

といっても、設定に関してはデフォルトのままですぐに使えますし、ここでは設定しておくといいものにポイントを絞って説明していきます。

キャッシュの使用

まず、設定しておいた方がいいのはキャッシュの使用に関してです。

これは既に別のキャッシュプラグインを利用しているようであれば、そのプラグインと競合を起こして問題が起こる可能性があるため、これをオフにしておいた方がいいです。

7

除外カテゴリ/除外記事

次に、除外カテゴリ/除外記事に関してですが、これは隠しページなどがあるときに、サイトマップに表示させたくない時に使います。

記事IDの調べ方に関しては、固定ページにサイトマップを導入したときと同じ要領で、記事編集画面のURLを確認すれば分かります。

スタイルの変更

最後に、スタイルの変更です。

スタイルの変更ではサイトマップの見栄えを簡単に設定することができます。

最初からいくつかのスタイルが用意されているので、いろいろと試して好きなデザインを使ってください。

8

おわりに

以上、PS Auto Sitemapの使い方についてでした。

サイトマップは、ブログに興味を持ってくれた人が他にどんな記事があるのか確かめるためによくみていく部分ですので、彼らのためにもこれを用意しておきましょう。

こうした便利にするための細かな気配りがファン獲得へとつながっていくからです。