問い合わせフォームを設置できるContact Form 7の使い方とワンランク上の設定


今回は、お問い合わせフォームを簡単に設置できるプラグイン『Contact Form 7』の使い方を説明していきます。

これを使うと?

お問い合わせフォームを設けることは、趣味ブログからビジネスブログに発展させるために欠かせない要素の1つです。

お問い合わせができることによって、買う気のあるお客さんが質問をしてきたり、あなたに興味を持った人が「一緒に仕事をしませんか?」というオファーをしてくることもあります。

通常、ブログにお問い合わせフォームを設置するとなるとプログラムの知識が必要になってきますが、Contact Form 7を使えば知識ゼロでも3分あればお問い合わせフォームの設置が完了します。

使い方

それでは、Contact Form 7の使い方を説明していきます。

1.コンタクトフォーム作成

Contact Form 7をインストールすると、管理画面のメニューに「お問い合わせ」というメニューが増えているので、その中から「新規作成」を選びます。

1

コンタクトフォームを編集する画面になるので、コンタクトフォームのタイトルを入力します。

この部分はユーザーに直接表示される部分ではないため、あなたが管理しやすい名前をつけてしまって大丈夫です。

2

入力ができたらそのまま「保存」してしまいましょう。

保存が終わるとコンタクトフォームのコードが表示されるので、これをコピーしておきます。

3

2.お問い合わせページ作成

次に、一旦コンタクトフォーム作成画面を離れ、固定ページを新規作成します。

4

このページをお問い合わせページとして利用するので、タイトルに”お問い合わせ”と入れておき、パーマリンクは”contact”とするのが一般的です。

5

そしたら次は、投稿エディタを「テキストエディタ」に切り替え、本文に先ほどコピーしたコンタクトフォームのコードを貼り付けます。

6

あとはこのまま記事を公開してしまいましょう。

これでコンタクトフォームの設置は完了です。

設定

次に、コンタクトフォームの設定について解説していきます。

Contact Form 7はデフォルト設定のままで十分使えますが、ここではさらにワンランク上のお問い合わせフォームを作る設定を紹介します。

問い合わせ内容を受信するアドレスの変更

先ほどのコンタクトフォーム編集画面に戻り、「メール」タブをクリックすると、どのメールアドレスでお問い合わせ内容を受信するかを選ぶことができます。

「送信先」にお問い合わせ内容を受信したいメールアドレスを設定しておきましょう。

ここで設定したメールアドレスにワードプレスから送信内容が転送されてきます。

ちなみにデフォルトでは、ワードプレス作成時に登録したメールアドレスが登録されています。

7

自動返信メールの設定

このままメール設定を下に進んでいくと、問い合わせをくれた人にメールを自動返信できる設定があります。

メールが自動返信されれば問い合わせをした人も、問い合わせが届いたと安心感を持てますし、問い合わせ内容の再確認ができるので、自動返信があると親切です。

「メール(2)を使用」にチェックを入れると自動返信の機能をオンにできます。

8

「送信先」をいじってしまうと相手にメールが届かなくなってしまうので、ここはいじらないようにしておきましょう。

メッセージ本文には「お問い合わせありがとうございます」といった具合に、一言添えておくといいでしょう。

サンクスページに転送する設定

また、お問い合わせをしてくれた直後に、別のページに転送する設定もできます。

この機能を利用すれば、問い合わせしてくれた人を誘導することができたり、アナリティクスの設定でコンバージョンが測れるようになるといったメリットがあります。

今回は”お問い合わせサンクスページ”を作り、そこに転送してみます。

まず、固定ページで新たにお問い合わせサンクスページを作ります。

そして、ここで作成したURLをコピーしておきます。

10

次に、コンタクトフォームの編集画面に戻り「その他の設定」タブを開き、次のコードを入力します。

※「サンクスページのURL」と書いてある部分には、先ほどコピーしたURLをいれてください。

11

これで、お問い合わせをした直後にここで指定したページの転送することができます。

おわりに

以上がContact Form 7の使い方になります。

最後に、コンタクトフォームを設置したあとにやっておいて欲しいのが、コンタクトフォームが正しく機能するかどうかのテストです。

自分のメールアドレスを使ってきちんと狙い通りに動作するかどうか、必ず問い合わせテストをしておきましょう。