画像を自動圧縮してくれるEWWW Image Optimizerの使い方と設定


今回は、自動で画像を圧縮してくれるプラグイン『EWWW Image Optimizer』の使い方を説明していきます。

これを使うと?

これを使うと、ワードプレスにアップロードした画像を圧縮することができ、ページの表示速度を上げることができます。

画像ファイルはファイルサイズが大きいため、画像を使えばその分、ページの読み込み速度は遅くなります。

ですので、画像を使うときは、一度画像を圧縮してファイルサイズをスリムにしてからワードプレスに上げるのが理想的です。

ただ、この作業は地味に面倒で時間もかかるのですが、EWWW Image Optimizerを使えば画像のアップロードと同時に自動圧縮してくれるので、手間をかけずに画像のスリム化ができます。

また、既にアップロードした画像に関しても一括で圧縮できる機能があるため、ワードプレスの軽量化に非常に役立ちます。

設定

それでは、EWWW Image Optimizerの使い方を説明していきます。

まず、設定に関してですが、EWWW Image Optimizerを有効化すると、「設定」に「EWWW Image Optimizer」が表示されるので、ここから各種設定ができます。

1

設定でチェックしておけばいい部分は次の3つだけです。

  • Basic Settings
  • Advanced Settings
  • Conversion Settings

Basic Settings

まず、Basic Settingsについてですが、「Remove metadate」にチェックが入ってることを確認します。

2

これをオンにしておくことで、画像に付属する不要なメモ情報を取り除くことができ、画像をより圧縮できるようになります。

これでBasic Settingsは終わりです。

Advanced Settings

次に、Advanced Settingsをチェックします。

Advanced Settingsの下の方に「disable pngout」という項目があるので、ここにチェックが入っていることを確認します。

3

このチェックを外すことでより圧縮効果を高める設定ができるのですが、設定が面倒なわりにそこまで効果があるわけでもなく、デフォルトの状態で十分に圧縮できるため、ここはそのままチェック有りにしておきましょう。

Advanced Settingsに関してはこれで終わりです。

Conversion Settings

最後、Conversion Settingsに関してですが、「Hide Conversion Links」にチェックを入れます。

4

これにチェックを入れておかないと、アップロードした画像の拡張子が勝手に変換されてしまい、画像のクオリティが下がってしまうことがあります。

これで、Conversion Settingsについても設定完了です。

最後に保存すれば以上で設定は完了です。

使い方

EWWW Image Optimizerの使い方に関してですが、有効化したあとは画像アップロードするときに自動的に圧縮してくれるようになります。

圧縮率の確認

画像がどのくらい圧縮されているのかを知りたければ、「メディア」から「ライブラリ」を開き、画像の表示形式をリスト形式に変換します。

5

すると画像の圧縮率が表示されるようになります。

6

”Not processed”と表示されているものに関してはまだ圧縮されていません。

“Reduced 〜”と表示されているものは既に圧縮済みです。

個別に圧縮する方法

このとき、まだ画像圧縮がされていない画像には「Optimize now!」という表示があるので、これをクリックすると画像を個別に圧縮することができます。

7

既に圧縮済みの画像も「Re-optimize」で再圧縮ができますが、基本的に圧縮率は変わらないのでやる必要はないです。

一括で圧縮する方法

既にアップロード済みの画像を一気にまとめて圧縮した場合は、「メディア」の中にある「Bulk Optimize」を選びます。

8

ここにある「Optimize Media Library」を実行すれば、メディアライブラリにある画像を一括で圧縮することができます。

「Optimize Everything Else」を実行すれば、それ以外で使われている画像を圧縮することができます。

9

圧縮を実行すると進捗バーが表示され、圧縮が完了すると”Finished”と表示されます。

10

これが表示されたらもう画面を切り替えても大丈夫です。

おわりに

以上がEWWW Image Optimizerの使い方になります。

これを使うとサイトをスリム化でき、ページの表示速度上げることができます。

表示速度が早ければユーザーフレンドリーになるだけでなく、SEO面でも評価されるようになります。

PS

自動で画像をリサイズしてくれるこちらのプラグインを入れておくと、さらにワードプレスをスリム化できます。

画像を自動リサイズしてくれるImsanityの設定と使い方