ウィジェット編集でもビジュアルエディタが使えるBlack Studio TinyMCE Widgetの導入方法


今回はウィジェットの編集でビジュアルエディタが使えるようになるプラグイン『Black Studio TinyMCE Widget』について紹介します。

これを使うと?

通常、ワードプレスでウィジェットを編集するときにビジュアルエディタは使えませんが、これを使うとウィジェットでもビジュアルエディタが使えるようになります。

1

これを利用すればいちいちタグを入力しなくても直感的にバナーやリンクが設置できるようになります。

導入方法

Black Studio TinyMCE Widgetの導入はプラグインをインストールして有効化するだけです。

使い方

有効化するとウィジェットに「ビジュアルエディター」が追加されていますので、あとはこれサイドバーなりに設置すればビジュアルモードでの編集ができます。

2

TinyMCE Advancedとの連動

ちなみに、ここで使えるビジュアルエディタはTinyMCE Advancedでカスタムした内容がそのまま反映されるようになっています。

おわりに

以上、Black Studio TinyMCE Widgetについてでした。

これがあるとサイドバーの編集をテキストエディタでしなくて済むので、サイドバーのカスタマイズが非常にやりやすくなります。