シェアする

ウォーキングデッドシーズン7前半終了、後半は2017年2月13日から

今回は海外ドラマ「ウォーキングデッド」の話です。

ウォーキングデッドのシーズン7前半が終了しましたね。

いつもはHuluでウォーキングデッドのリアルタイム配信が始まる月曜21時にMacの前に待ち構えていたのですが、前半戦ラストの8話だけなぜか普通に見忘れてしまい、今朝の4:30の再放送で眠い目をこすりながら第8話を見ました。

まさか早朝からはらわたがズルルっと出てくるシーンを見るとは思いませんでしたが、前半戦の感想とか、後半がいつから始まるとか、その辺りの情報をまとめておきます。

シーズン7後半は2017年2月13日(月)

シーズン7後半はいつからスタートするかというと、2017年2月13日(月)からスタートです。

放送時間もおそらく前回と同じく21時からでしょう。

シーズン6の時は4ヶ月くらい間、前後半の間があいた気がしましたが、今回はたった2ヶ月とわりとスパンが短いですね。

放送開始日を忘れないための方法

S7の8話をくしくも見逃してしまったので、次回は二度とこんなことが起きないよう、対策としてさっそくGoogleカレンダーに予定を登録しておきました。

通知設定もしたのでこれで完璧です。

放送開始日を忘れない方法とか大層な見出しをつけたわりには、たかがカレンダーに放送開始日の予定を入れただけという。

でも、こういうのって面倒くさがって今すぐに入れておかないと案外忘れちゃいますからね。

今のうちに入れておきましょう。

シーズン7前半で歴代2位の視聴者数を叩き出していた

海外ドラマはシーズンが進むにつれて視聴者数が減少していくのが常ですが、ウォーキングデッドはS7第1話でなんと歴代2位の視聴者数を叩き出しました。

視聴者数ランキングトップ5(各初回放送の視聴者数)

  1. S5第1話1,730万人
  2. S7第1話1,700万人
  3. S4最終話1,570万人
  4. S3最終話1,230万人
  5. S2最終話900万人

これを見るとS7第1話もS5第1話も、その前のシーズン最終話でリック達が絶体絶命のピンチにおちいった直後の話ですから、それだけ早く結果が知りたい視聴者が多かったんでしょうね。

シーズン7前半戦の感想

ウォーキングデッドのS7前半は第1話をのぞき、ストーリーにあまり動きがありませんでしたね。

シーズン1〜3くらいまではなかなかスピーディーな展開が多かったんですけど、シーズン6くらいから露骨な引き伸ばし展開が多く、ちょっとだれてきた感があります。

人気キャラが退場してしまったせいも関係しているのか、アメリカでも視聴者数こそいるものの、ドラマの評価は落ちてしまったようです。

シーズン7後半戦の情報

リック演じる主演のアンドリュー・リンカーンが評価落ちの影響を受けてか、S7後半の情報について一部情報を出しました。

アンドリュー・リンカーンによると「8話以降はその前の物語とは正反対の展開になっていくと思うよ」というコメントを残したようです。

正反対というワードが気になりますが、ニーガンに追い詰められたリックたちが反撃の狼煙を上げることは間違いないでしょうね。

悪のカリスマニーガン役で最優秀賞受賞

今回、主役のリックよりも目立っていたと思われるニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガンが、クリティクス・チョイス・アワード(第22回放送映画批評家協会賞)の最優秀ゲスト賞に選ばれました。

たしかに迫力抜群の演技でしたもんね。

バットを振りかぶって殴ろうとした時とか、画面越しなのに思わず身体がのけぞるほどでした。

相当な悪役なのにやたらとカリスマ性も醸し出していて、一体どこからあのカリスマ感が出ているのかをちょっと考察してみたんですが、凶悪・残忍でありながらもガッツある相手には寛大という一貫した態度、時折見せる中学生のようなかわいげある言動(ユーモア)、敵意を抱いている相手にあえて隙を見せるふてぶてしさ。

この辺がカリスマ性をにじみ出してるんじゃないかと思います。

前半に動きがなかったので後半に期待

S7前半はあまり動きがなかった分、後半には期待大ですね。

繰り返しになりますがS7後半の放送日は2017年2月13日(月)。

2ヶ月後にはもう始まるということで、早く続きが見たくて仕方ありませんね。

ウォーキングデッドはこれまでに2週みてきましたが、今までの振り返りもかねてもう1週見てこようかな。

8ヶ月で海外ドラマ1000話視聴、これだけの自由時間ができた理由

私は2016年3月に会社を辞め、4月に独立起業してからの8ヶ月間でこれまでに1000話以上の海外ドラマを見てきました。

8ヶ月間で1000話といっても毎日テレビに釘付けになっているわけではなく、

  • 朝起きて1話
  • お昼を食べながら1話
  • 晩御飯を食べながら1話
  • 夜中に晩酌しながら1〜3話

みたいな感じで見ていたら、自然とそれだけの話数を見るようになっていました。

なんでこんなニートのようなライフスタイルを送れているのかというと、ネットで始めた副業がきっかけです。

今ではこの副業が本業になっているわけですが、どんな経緯で副業が上手くいき、会社を辞めて独立にいたることができたのかは別ページで詳しくまとめています。

副業として1日1時間くらいしか時間がなくても月10万くらいならわりと現実的に可能ですし、その方法も紹介していますので興味があれば覗いてみてください。

サラリーマンから独立にいたった経緯まとめ

シェアする