パレートの法則を使って仕事の効率を飛躍的に高める方法


今回は『パレートの法則』を紹介していきます。

パレートの法則はイタリアの経済学者パレートさんが発見した法則で、別名『2:8の法則』とも呼ばれています。

この法則を知っておけば、仕事の効率を飛躍的に高めることができます。

たとえば、広告を打つさいに少ない予算で売上を大きく伸ばしたり、仕事のさいに作業時間を短縮しつつも、より多くの仕事をこなしたり

こういったことができるようになります。

パレートの法則とは

それではパレートの法則についてですが、これは、2割の要素で全体の8割の結果が生み出されているという法則になります。

この法則は自然法則の中でも見られ、アリの世界では、2割の勤勉なアリが8割のエサを集めてくるという有名な話があります。

その他にも社会現象でもよく見られ、たとえばスポーツなら、上位2割の選手でチームの強さの8割が決まります。

甲子園をイメージしてみてください。

強いチームには、1人か2人はスター選手やエースと呼ばれる、チームの中心選手がいるものです。

しかし、彼らが怪我などで試合に出れなくなると、途端に別チームになったかのように戦力がダウンすることがよくあります。

パレートの法則の例

他にも、よく言われる例で、

  • ブログのアクセスの8割は、上位2割のページが生み出している
  • 売上の8割は、2割の優良顧客がもたらしてくれている
  • 仕事の成果の8割は、費やした時間のうち2割で生み出されている

などなど。

例を挙げればきりがないのでこのへんにしておきますが、まだまだこういった例はたくさんあります。

仕事の効率を飛躍的に高める方法

それでは、このパレートの法則をどう活かすかということですが、2つほど例を紹介して終わりたいと思います。

まずは、広告をかけるときの考え方に活かす方法です。

パレートの法則にならえば、上位2割の商品が売上の8割をもたらしてくれることになるので、広告をかけるときには、上位2割の商品に予算を割いたほうが、費用対効果が高いということになります。

また、ランディングページなど、コンバージョン率を上げたいときには、修正が必要だと思われる箇所のうち、主要箇所2割を改善すれば、コンバージョン率も8割方改善されるといったことになります。

この法則を意識しておけば、コストを抑えて高い成果を上げることもできるようになりますし、作業時間を短縮しつつ成果を大幅に上げることができるので、仕事の効率を飛躍的にあげることができます