残業をぶっとばす。生産性を格段に上げるショートカット集(Win/Mac共通)


今回はPCを操作するときに生産性を格段にあげてくれるショートカットを5つ紹介していきます。

紹介するショートカットは、Windows・Mac共通で使えるものです。

※使用している環境の都合上、説明はMacのキー操作中心での説明になります

PC操作の基本はマウスとキーボードですが、マウスとキーボードを手がいったりきたりすればその分だけ作業効率は落ちます。

しかもマウス操作は精密性が求められる操作ですので集中力も消耗しやすくなります

では、どうすればこの問題を解決できるのかというと、キーボードのショートカットコマンドを活用することです。

今回のショートカットは基本的に記事執筆など文書作成シーンをメインに考えていますが、Web操作や動画編集などなど、どんな場面で使える汎用性が高いショートカットをまとめました。

マスターすれば作業効率は格段に上がり、それなしには作業できなくなるくらい便利になります。

最低限抑えておきたいショートカット

それでは、最低限覚えておきたい、最も利用頻度が高いであろうショートカットを5つ紹介します。

1.コピー&ペースト

1つ目は、コピー&ペーストです。

”Command”(Winなら”Ctrl”)を押しながら”C”でコピー、”V”で貼り付けです。

キーが隣合わせになってるのでセットで覚えるとラクです。

コピー

  • Win : Ctrl + C
  • Mac : Command + C

ペースト

  • Win : Ctrl + V
  • Mac : Command + V

2.アンドゥ&リドゥ

2つ目は、アンドゥ&リドゥです。

アンドゥ&リドゥというのは、取り消しとやり直しのことです。

間違って文章を削除してしまったときでもアンドゥを使えば一瞬で文章を復活できます。

逆に、

「やっぱり削除したままでいいや」

と思ったときは、リドゥを使えばアンドゥで元に戻した作業を元に戻すことができます。

アンドゥ

  • Win : Ctrl + Z
  • Mac : Command + Z

リドゥ

  • Win : Ctrl + Y
  • Mac : Command + Shift + Z

3.文書内検索&置換

3つ目は文書内検索&置換です。

文書内検索はウェブを見ているときにも使えるので、特定のキーワードを素早く拾い出したいときに重宝します。

また、置換は文書内で一括修正したい単語や文章がある場合に非常に便利です。

たとえば、1人称を”私”から”僕”に修正するときなど。

これをいちいち手作業でやるとえらい時間がかかりますが、置換を使えば一発で済みます。

また、修正し忘れも防いでくれるので一石二鳥です。

文書内検索

  • Win : Ctrl + F
  • Mac : Command + F

置換

  • Win : Ctrl + H(文書内検索できることも)
  • Mac : Command + F(文書内検索と同じ操作)

4.保存

4つ目は保存です。

このショートカットは手癖になるくらい連打してしまってもOKです。

最近ではオートセーブしてくれるアプリも増えてきましたが、万一のための保険として手動でバックアップを取っておくにこしたことはありません。

私はオートセーブを過信して、コンセントをうっかり抜いてしまったためにデータが弾け飛び、2時間分の作業をやり直すハメになって絶望した思い出があります。

上書き保存

  • Win : Ctrl + S
  • Mac : Command + S

新規保存

  • Win : Ctrl + Shift + S
  • Mac : Command+ Shift + S

5.アプリケーション切り替え

5つ目はアプリケーション切り替えのショートカットです。

このショートカットを使えばマウスに触らずとも実行中のアプリケーションを切り替えられるので、資料を参照しながら作業をするときに重宝します。

“Shift”の有り無しで、直近に使った順番から切り替えるか、それとも最後に使った順番から切り替えるかを選ぶことができます。

また、このとき“Command”(Winなら”Alt”)を押したままにしておくことによって、アプリケーション切り替え画面をキープすることができます。

このときは、矢印キーやマウスでも操作できるようになります。

アプリケーション切り替え(直近順)

  • Win : Alt + Tab
  • Mac : Command + Tab

アプリケーション切り替え(最後順)

  • Win : Alt + Shift + Tab
  • Mac : Command+ Shift + Tab

おわりに

以上、生産性を格段にあげてくれるショートカットを紹介してきました。

結構数があったので覚えるのは大変かもしれませんが、利用頻度が高いショートカットばかりですので、覚えるために時間を割いても損はありません。

使えば使うほどあなたの手に馴染んでいきます。

そうなれば今までそれを使わなかったのが信じられないくらい、作業スピードが上がります。

どれも今すぐ使えるショートカットですので、さっそく試してみてください。

PS

ちなみに、範囲選択のテクニックと合わせて使うと効果倍増です。

作業が捗る範囲選択テクニック3つ(Win/Mac共通)