記憶力がない方へ朗報!訓練一切不要で忘れなくなるエクスターナル記憶術


今回は、絶対に忘れない記憶術を紹介します。

この方法は、訓練一切不要です。

記憶力があろうがなかろうが、今日から誰でも物忘れをなくすことができ、学習や仕事でのミスもなくなります。

エクスターナル記憶術

それでは、その記憶術になりますが、私は『エクスターナル記憶術』と呼んでいます。

名前の由来は、帰国子女が外付けハードドライブのことを、エクスターナルドライブと言っていて、それがかっこよかったのでそこから名前を取りました。

方法はいたって簡単で、記憶を外部に保存するだけです。

余計なことは覚えなくていい

シャーロック・ホームズの言葉に、

「記憶は引き出しのようなもので、無駄な知識を入れると重要な知識が入らなくなる」

という言葉があります。

シャーロック・ホームズは小説の登場人物ですが、当時、この言葉を聞いて「なるほど」と思ったものです。

ようするに、重要でないことはわざわざ自分の頭の中で記憶しておく必要はない、ということです。

重要でないことを覚えようとすると記憶のキャパシティが狭まるので、それだったら記憶を外部に保存してしまおうという発想です。

使う道具は?

やり方はいたって簡単。

使うのは、スマホだけです。

スマホにはリマインダーアプリが標準搭載されているので、ここに覚えておきたいことをどんどん登録していくだけです。

  • ToDo
  • 予定
  • 約束
  • アイデア
  • 欲しいもの

などなど。

忘れないようにしたいことがあれば、私はなんでもすぐにリマインダーにぶち込むようにしています。

こうしておけば、予定の日が近づいてきたときにリマインダーが自動で教えてくれるので、自分の頭の中で覚えておかなくとも、記憶しておくことができます。

おすすめは?

リマインダーアプリは端末に標準搭載されているアプリ以外にも、App StoreやGoogle Playからダウンロードすることもできます。

私も一時期、いろんなリマインダーアプリを使ってみましたが、1番使い勝手がよかったのは結局、iPhoneに標準搭載されているリマインダーアプリでした。

これは、私がMacを使っているので、それと同期ができるという理由も大きいですが、1番の理由はsiriから直接リマインド登録できるという点です。

ふと思いついたアイデアなんかは、スマホに文字を打っている最中から忘れてしまうこともあります。

しかし、siriを使えば話しかけるだけですぐにアイデアを登録することができます

iPhoneのホームボタンを長押しするとsiriが起動するので、あとは、

「リマインダー 明日の10時 予約」

と話しかければ、こんな風にリマインドしたいことを声だけで登録できます。

1

外部に記憶するだけで頭の記憶力もよくなる

以上が、エクスターナル記憶術になります。

この方法は、外部に記憶することで自分で記憶しておかなくてもいいようにする仕組みですが、実は、これをやると記憶力も上がります。

というのも、覚えていたいことをリマインダーに登録する作業自体が、記憶の定着を助けてくれるからです。

記憶力が上がれば仕事も学習もスムーズにいきますし、信頼関係も築きやすくなります。

ぜひ、試してみてください。