今回はワードプレスのパーマリンクの設定方法を説明していきます。

また、それにあわせておすすめ設定も紹介していきます。

パーマリンク設定はSEOに関連する設定でもあり、投稿記事全体に影響を及ぼすので、必ず最初のうちに設定を済ませてしまいましょう。

パーマリンクとは

まず、パーマリンクとは何かということですが、簡単にいえば、記事URLの後ろの部分のことです。

パーマリンクを変更すると、投稿した記事のURLが同じ記事であっても下の画像のように変わります。

「localhost/wordpress〜」以降の部分に注目してみてください。

1

パーマリンク変更方法

パーマリンクの変更方法ですが、ワードプレス管理画面から「設定」→「パーマリンク設定」と進んでいくと変更できます。

2

パーマリンク設定では最初からいくつかフォーマットが用意されていますが、おすすめはカスタム構造にチェックをいれ、

  • SEO効果を取るなら「%postname%」
  • 利便性を取るなら「%post_id%」

とする設定です。

「%postname%」設定

メリット:SEOに強くなる

なぜSEOなら「%postname%」がいいのかというと、この設定はGoogleが推奨するURL構造にすることができるからです。

Googleは、ユーザーがシンプルでわかりやすいURL構造が好ましいとヘルプに明記しています。

4

出典:シンプルな URL 構造を維持する

つまり、数字が羅列した意味不明なURLよりも、パッと見ただけでなんとなく記事の中身がわかるようなURLがオススメですよ、というわけです。

パーマリンク設定を「%postname%」にすれば、記事を投稿するときにパーマリンクを好きに設定することができるようになります。

デメリット:手間がかかって面倒くさい

記事を投稿するたびに手作業でパーマリンクを編集する必要があるため、手間がかかって面倒くさいという一面もあります。

私もそうなんですが、面倒くさがりな人には向いていませんね。

やってみるとわかりますが、シンプルで短いURLをつけるのにも頭を使うので、時間とエネルギーを使います。

SEO的にそこまで効果があるかというと、激的に効果があるというわけでもありません。

検索結果には、ふつうに数字ばかりのURLも上位表示されています。

ですので、個人的にはURLを決めることにエネルギーを費やすよりも、1つでも多くの記事を書くことにエネルギーを使った方が効果的だと考えています。

「%post_id%」設定

メリット:手間がかからない

「%post_id%」に設定しておくと、記事を作成したときに記事のパーマリンクを自動的に割り振ってくれます。

つまり、自分でパーマリンクを設定する必要はなし。

非常に楽です。

デメリット:URLからはページの意味が伝わらない

投稿IDがそのままURLに反映されるので、記事URLをみただけではそのページの意味が伝わらないという点です。

ただ、記事URLを見てピンときて記事開く人がいるのかというと、そうではないです。

なんで、あんまり気にしなくていいデメリットですね。

パーマリンクの後から変更は厳禁

パーマリンクは記事のURLに関係してくる部分ですので、記事公開したあとから変更すると記事URLが変わります。

すると、どんなことが起きるのかというと・・・

  • ページについていたSEO評価がリセットされる
  • SNSでのシェア数がリセットされる
  • 解析ツールでのデータもリセットされる
  • 他の記事からリンクされていた分もパーになる

と、デメリットばかりです。

なので、パーマリンク変更は厳禁だ、ということを覚えておきましょう。

覚えておくと役立つ知識

パーマリンクをカスタム構造にして日付などの複数の要素を組み合わせてパーマリンク設定したい場合、今回紹介した「%postname%」「%post_id%」をパーマリンク内に含ませておくと大活躍します。

たとえば、パーマリンクを「記事の登録カテゴリー + 記事ID」で設定したいとき、こんなときは「%category%/%post_id%」にパーマリンクを設定します。

この場合、記事の登録カテゴリーを後から変更すると記事URLが変わるため、本来であればリンクの張替えもしなければいけませんが、パーマリンクに「%post_id%」が含まれていると後からカテゴリー変更しても正しいURLへリダイレクトされるようになり、きちんと記事が表示されリンクが生きたままになります。

これは「%postname%」でも同様ですが、こちらの場合は「%postname%」自体を変更してしまうとパーになるので注意してください。

ちなみに、タグを複数利用するときは「/(スラッシュ)」で必ず区切るようにしましょう。

もし、スラッシュでの区切りを忘れてしまうとせっかくのリダイレクト機能も動作しなくなります。

まとめ

結論をまとめますと、SEOを狙うなら「%postname%」、利便性を取るなら「%post_id%」がおすすめです。

言い換えれば、こだわりたい人は「%postname%」、めんどくさがりな人は「%post_id%」がおすすめです。

とくに、ワードプレスを始めたばかりの人であれば、パーマリンク設定を忘れちゃってそのまま記事公開しちゃった☆…なんてこともあるんじゃないかと思うので、最初は「%post_id%」から始めるといいかもしれませんね。