前回、「アフォリエイとのいい方法は何?」ということで、おすすめな方法や上達法の他に、無料ブログと有料ブログなら有料ブログの方が収益性が高いという話をしました。

▽前回の記事

アフィリエイトのいい方法は何?方法・上達法・無料or有料の3つを解説

今回は、いよいよ”稼ぐ”ための具体的な内容に入っていきます。

実際にいただいた質問と合わせて「アフィリエイトで稼いでいる人たちが辿っているプロセス」を紹介していきます。

どのような手順で稼いでるんですか?

以下、いただいた質問です。

アフィリエイトとかでお金を稼いでる人っていますけど、どのような手順で稼いでるんですか?

私のケース

この質問に対しての回答ですが、私のケースを通しながら紹介します。

このケースはアフィリエイトをゼロからはじめて副業で20万達成した時のモデルになります。

  1. 自己アフィリで軍資金作り
  2. Google AdSenseの審査突破
  3. WordPress開設
  4. 需要があるネタを狙い、価値ある記事を提供
  5. 収益がある程度出始めたら外注ライター雇って回転
  6. 外注が回るようになってきたら次のサイトを作成して水平展開
  7. 4~7のループ

それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

1.自己アフィリで軍資金作り

一番最初はそもそも稼げるかどうか疑問でしたので、稼ぐことが確実にできるものから手を出し始めました。

それが自己アフィリエイトです。

自己アフィリエイトとは自分が商品を買ったり、サービスに申込んだりすることで自分にアフィリエイト報酬が入るという仕組みのものです。

たとえば、クレジットカードの申し込みで5,000円もらえたり、株やFXの口座開設で1万円もらえたりします。

これなら無料でできますし、そのわりには報酬が高額です。

また、この他にも無料資料請求や、無料会員登録でも稼ぐことができるので、実際に稼げるかどうか不安な人はまずはここから始めるといいでしょう。

自己アフィリエイトについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ネットビジネスをゼロから始めて今日、資産を作る方法

2.Google AdSenseの審査突破

続いてのステップはGoogle AdSenseを始めるためにAdSense審査に突破することです。

Google AdSenseは審査に受からなければ始めることができません。

さっきのステップ1もこのステップ2も準備段階にあたるので、ステップ1とステップ2は並行して行ないます。

審査は以前までなら完全無料で受けることができたのですが、2016年からは独自ドメインを利用したサイトでなければ審査を受けることができなくなりましたら。

ようするに最低でもドメイン代のコストがかかるということです。

ですが、安心してください。

お金がかかってくるといっても100円あればOKです。

ドメインを100円で取得する方法に関してはこちらを参照ください。

ドメインを安く取得できるおトクな裏技

補足:AdSense審査は無料ブログでは受けれない?

補足としてですが、たまに「AdSense審査は無料ブログじゃ受けれないですよね」という人がいるのですが、無料ブログでも審査を受けることはできます。

ポイントは「独自ドメイン」のブログかどうかという点です。

ここらへんが少しややこしいため混乱しやすいポイントですが、無料ブログと独自ドメインは全くの別物です。

「無料ブログ=独自ドメイン」ではありません。

「無料ブログ≠独自ドメイン」です。

この前提を間違ってしまうと「AdSense審査は無料ブログでは受けれない」という誤った解釈にたどり着きますが、これは完全に間違いです。

正しくは「AdSense審査は独自ドメインを利用したサイトでないと受けれない。よって、無料ブログでも独自ドメインを利用すれば受けれる」です。

詳しい方法についてはこちらで説明しています。

6Googleアドセンス審査への申し込み方法

3.WordPress開設

自己アフィリで軍資金を作り、Google AdSenseのアカウントを取得することができたらステップ3はいよいよ有料ブログに移るため、WordPressを開設します。

WordPressが有料ブログだというと少し語弊があるのですが、ここでいう有料ブログとは「レンタルサーバー+独自ドメイン」で作成したブログのことを指しています。

ややこしいかもしれませんが、サーバー代とドメイン代にお金がかかるのであって、ブログシステムであるWordPress自体は無料で利用できます。

WordPressの利点はSEOにマッチした構造と、直感的に操作できる扱いやすさ、プラグインによる拡張性の高さです。

無料ブログ以外のブログだと「なんか難しそう…」というイメージがあるかもしれませんが、普通に無料ブログより使いやすく、HTMLなどの難しい知識も必要ありません。

4.需要があるネタを狙い、価値ある記事を提供

WordPressを開設し、広告設置などの初期設定を終えたらここからが本番です。

収益を伸ばす上で一番大切なのはなんといっても記事作りです。

記事があるからこそ人が集まり、広告がクリックされて収益が生まれます。

そして、記事を作るときのポイントは「需要があるネタ」+「価値ある記事」を提供することを徹底的に意識することです。

「需要があるネタ」+「価値ある記事」とは?

ここでいう需要があるネタというのは、「このネタはきっとたくさんの人が来るだろう。でも、このネタはあんまり人がこなさそうだ…」というような需要の大小の話ではありません。

「この記事は本当に需要があるのか?」ということを言っています。

たとえば、あなたがまだブログを始めたばかりで一人もファンがついていない状態だとしましょう。

この状態のときに、今日あなたの身の回りで起きた一日の出来事や、あなたが何を食べたかなんて日記のような記事に需要があるでしょうか?

もし、既にあなたにファンがついていたり、何かしらの有名人であれば需要はありますが、そうでなければ需要はありません。

どこの誰かも知らない人の出来事を知るために、数分時間をとって記事を読みたいと思うでしょうか?

そんな奇特な人はまずいないと思ってください。

では、どうすればいいのか?

最初はホットな話題の最新情報、悩みや問題の解決策、役に立つ情報・方法など、少なからず誰かの役に立つ需要がありそうなネタを狙っていきましょう。

そして、これらの記事を作るときに心がけたいのが、読んだ人が「ああ、これ読んでよかったな」とか「なるほど、これが解決策か」とか「やばい、これ笑ける」とか何かしらの価値を感じられる記事を作ることです。

価値がない記事を作ることは検索スパムのゴミを生み出すのと一緒です。

きつい言い方ですが、それだけにしっかり頭に叩き込んで欲しい重要ポイントになります。

5.収益がある程度出始めたら外注ライター雇って回転

人が集まる記事を作り、それが蓄積していくと、やがて安定して収益が上がるようになってきます。

そうしたら次のステップに移行しましょう。

今までは自分ひとりで記事を書き、ブログを作ってきたわけですが、自分一人だけではどうしても作業量に限界があります。

そのため、ここからはスピードを加速させるために外注を雇います。

外注はクラウドワークス、ランサーズ、シュフティなどを使えば雇うことができます。

1000文字の記事を200円で依頼できたりと、驚くほどの低コストで記事を作成してもらえたりします。

6.外注が回るようになってきたら次のサイトを作成して水平展開

外注を使うようになると始めのうちは外注とのやり取りや、管理、教育などで四苦八苦すると思いますが、ある程度慣れてくるとあまり力をかけなくても外注がスムーズに回るようになっていきます。

こうなってきたらいよいよ収益の柱を増やすために新しいサイトを作成して、水平展開を狙っていきます。

なぜ、ひとつのサイトを垂直に掘り下げていかないのか?ということですが、これには次の2つの理由があります。

①リスク分散

ブログを運営していると、稀に悪意ある訪問者がウイルスを仕込んでいったり、ひどいとブログが何者かに削除されることがあります。

これらは滅多にないことではあるのですが、万一に事態に遭遇した場合、収益の柱がひとつ潰されることになります。

資産運用のリスク分散の考え方に「卵は一つのカゴに盛るな」ということわざがあります。

一つのカゴに手持ちの卵全てを盛ってしまうと、そのカゴを落とした時に全ての卵がおしゃかになってしまいます。

しかし、複数のカゴに卵を分けて入れておけば仮に一つのカゴを落っことしたとしても、卵全てを失うわけではありません。

ブログを複数展開することもこれと一緒で、水平展開することによりリスクを軽減することができます。

②収益効率化

サイトを育てていく上で、ある程度の規模までなら「伸びがいいな」と急成長を感じられる時期があります。

しかし、そこそこの規模まで育ってくると、全体のパイの関係などで成長ペースが鈍化してきます。

つまる所「成長ペース鈍化=サイト成熟」のサインです。

このままサイトを育て続けていくにこしたことはないのですが、個人規模でやっていくという事を考えると、ある程度育った段階で別サイトを作り、横に広げてサイトの急成長を狙っていった方が効率的です。

7.4~6のループ

ここまできたらあとはひとすらステップ4〜ステップ6を繰り返していきます。

記事作成→外注→水平展開。

ワンサイトで月収20万となると壁が高いと感じるかもしれませんが、月5万稼ぐサイトが4個あれば月収20万になります。

こう考えると意外と簡単にできそうだと思いませんか?

ちなみに、複数サイトを運営するようになると、もはやこの頃には自分で記事を作成をしなくなっていることの方が多いです。

この後の展開

ここまでアフィリエイトで稼ぐまでのプロセスを私のケースを通して説明してきました。

最後に、アフィリエイトでそれなりに稼げるようになった人たちがこの後、さらに収入を伸ばすためにどういうことをしているのかという例を3つほど紹介します。

1.コンテンツ販売

コンテンツ販売というのは、わかりやすい例でいえば教材、本、動画、セミナーなどです。

やることは単純で、稼げたノウハウをパッケージ化し、これを販売して利益を伸ばすというものです。

たとえば、月10万稼げた方法を2万円で販売したところ、10人の人が買ってくれたとします。

こうなると20万の売り上げが立つわけで、今度は20万稼いだ方法を4万円で販売して10人が買ってくれたら40万の売上になります。

これはあくまで分かりやすい例を出しているだけで、この他にもブログ作成ノウハウをマニュアル化して販売したり、集客マニュアルなどを販売する人もいます。

2.コンサルタント

コンサルタントとは、ある専門分野で自らが培った経験とスキルを活かし、相談役としてアドバイスや指導をする人のことをいいます。

たとえば、ブログで稼いだことがある人がブログで稼ぎたいという人に指導し、その対価として報酬をいただくというものです。

3.フリーライター

クオリティが高い記事を書いていると、たまーに「この記事書いてもらえませんか?」と企業からオファーをもらえることがあります。

私が聞いた話だと、誰もが知っている某有名企業から記事執筆依頼が来た人は、記事1本で数万円という報酬をもらっていたようです。

細かい数字は忘れてしまったのですが、文字数も馬鹿みたいに多いわけではなく、数千字程度の執筆内容だった記憶があります。

他にもテレビから取材がきたり、セミナーで講演依頼が来た、なんて人もいます。

まとめ

以上が「アフィリエイトで稼いでいる人たちが辿っているプロセス」の一例になります。

ここまで「そうだ、副業でアフィリエイトを始めてみよう!」というテーマで、入門者向けにアフィリエイトの解説を全3回に分けてお届けしてきました。

  1. アフィリエイトとは何か
  2. アフィリエイトのいい方法
  3. アフィリエイトで稼いでいる人たちが辿っているプロセス

漠然としていたアフィリエイトのイメージがなんとなくつかめたでしょうか。

何はともあれ、まずはやり始めることが肝要です。

ひとたび動き始めれば何かしら変化が生まれてきます。

それを続ければ副収入が生まれるだろうし、いずれはそれがきっかけで独立起業にいたるかもしれません。

また、さらにそれを続ければ業界でちょっとした有名人になり、オファーが飛んでくるようになるかもしれません。

そうなりたいのであれば、さっそく今から動き出し始めましょう!

早くに行動を起こせばその分、早くに変化が訪れますよ。

最後に

もし、あなたがもっと「アフィリエイトについて勉強してみたい!」ということであれば朗報があります。

私がイチから作成しましたネットビジネスの教科書がありますので、無料ダウンロードページへと招待させていただきます。

教科書には135本を超える動画講義を収録しており、その全てを完全無料で視聴することができます。

また、初心者向けに月収10万円講座も開催しているので、そちらも合わせて受講することができます。

教科書の無料ダウンロードはこちら

【連載目次】そうだ、副業でアフィリエイトを始めてみよう!

「月に使えるお金がもっと増やせたらなー…」という思いから副業を考える人は多くいますが、副業の中でも有名なものが「アフィリエイト」です。

ここではそんな「そうだ、副業でアフィリエイトを始めてみよう!」と一瞬でも頭をよぎった入門者向けにできるだけ分かりやすくアフィリエイトのことを解説しています。

  1. アフィリエイトとは何か?入門者向けに3つのポイントを図解入りで解説
  2. アフィリエイトのいい方法は何?方法・上達法・無料or有料の3つを解説
  3. アフィリエイトで稼いでいる人たちが辿っているプロセス