WordPressのバージョンを更新しようと思ったら「別の更新が現在進行中です。」と出てパニック!

この記事にたどり着いているということは、おそらくこういった状態なんじゃないかと思いますが、ご安心を。

実はコレ、何もしなくても簡単に治ります。

最もシンプルな対処法

「別の更新が現在進行中です。」と表示されたときの一番シンプルな対処法は、15分待つこと。

たったこれだけで、15分後にはエラー状態が解消されます。

場合によっては30分ほど待たないと治らないときもあるので、15分過ぎても治らなかったらもうちょっと気長に待ってみましょう。

エラーの原因

このエラーの原因は、なんらかの原因でWordPressの更新が失敗したときに起こります。

たとえば、WordPressの更新をダウンロード中に、ページを閉じてしまったり、途中でページ遷移してしまったり、通信が途中で切れてしまったりなどなど。

↓こんな状態のときに離脱してしまうとアウト!

こうなると更新失敗となってしまい、一時的にWordPressのバージョンが更新できない状態になってしまいます。

15分待たずに治す方法

「15分も待ってらんねぇ!」

「こちとら江戸っ子でぃ!」という気分のときはちょっと難易度上がりますが、次の方法をお試しください。

MySQLのデーターベースに入り、”core_updater.lock”というファイルを削除。

このファイルがWordPress更新に一時的なロックをかけているわけですが、これを消すことでロック解除できます。

core_updater.lockの削除方法

core_updater.lockを削除するには、MySQLのデーターベースを開く必要があります。

たとえば、phpMyAdminなど。(これの使い方は割愛)

まず、問題が起きているWordPressのデーターベースを開き、”wp_options”を開きます。

次に、検索をかけるために画面上のメニューから”検索”を開きます。

検索画面を開いたらoption_nameカラムの値に”core_updater.lock”と入力、実行“を押して検索をかけます。(WordPress4.5以前のバージョンであれば”core_updater”と検索)

すると該当のファイルが見つかるので、これを削除。

「ねぇ、削除しちゃっていいの?本当にいいの?」と聞かれるので、「ああ、それでいいんだよ…」と、淡々とOKを選択。

これにて更新に一時的なロックをかけているファイルの削除が完了。

WordPressの更新に戻り、”今すぐ更新”を押すと、今度はちゃんと更新が始まります。

まとめ

WordPressがいつもと違う動作をすると「あれ…?」と思い、ヒヤリとしてしまうかもしれませんが、このエラーはほっとけば直りますし、サイト自体は普通に表示されるので致命的なエラーではありません。

トイレにいったり、熱々のコーヒーを淹れたり、すすったりしてのんびり待ちましょう。

もしかしたらこの記事を読んでる間に、既にエラーが解消されているかもしれません。

もし、まだ解消されてなければ当サイトではブログ収益化に役立つWebマーケティング資料を無料配布しているので、待ち時間の間にそちらをダウンロードして目を通してみるというのはいかがでしょう?

待ってる間に収益化のヒントが得られます。

あなたの時間を有意義にお使いください!