WordPressをSSL化する手順を3つに区切って紹介します。

ウェブサイトをSSL対応させることにより、セキュリティ向上や、SEO面でも有利になるのですが、一番厄介なのは、SSL対応させる難解さです。

実際にやってみればそんなに難しくはないのですが、聞きなれない横文字や用語、サイト内部の設定をいじくっていく必要があるため、ここが慣れない人にとっての心理的な障壁になってしまっています。

そんなわけで、SSL化の手順を動画化しました。

エックスサーバーでの実践動画になっているので、エックスサーバーを利用していた場合は、これと同じことをそっくりそのままやればOKです。

他のサーバーを利用していた場合であっても、途中からの作業は共通しているので、サーバー側の設定だけ公式ヘルプで確認して、後の作業はそのままやればOKです。

SSL化の手順

実際にやってみれば実作業時間は10〜20分ほど、これとは別に設定が反映されるまでの待機時間があるので、正味、2時間ほどの時間が取れればSSL化はできます。

それでは、SSL化はどうやるのか?これには次の3つの工程があります。

  1. サーバー設定
  2. WordPress設定
  3. FTP設定

主に動画の方で詳しく解説しているので、記事ではポイントだけかいつまんで説明していきます。

1. サーバー設定

まずはサーバー側でSSL設定を行う必要があるので、サーバーに入って設定していきます。

動画の通りに進めていけばOKです。

ここでの実作業時間は5分くらいで終わるほど簡単なものですが、待機時間が1時間ほどかかったりするので、ある程度、時間が確保できるタイミングで実行するとよいです。

2. WordPress設定

WordPress側の設定では、主に次の2つの設定を行います。

  1. “設定 > 一般”からアドレス変更
  2. これまでに設置した内部リンク”http”を”https”に置換

1. “設定 > 一般”からアドレス変更

変更する場所は

  • WordPressアドレス
  • サイトアドレス

ちなみに、ここにサイトと全然関係ないアドレスを設定してしまうとWordPressが開けなくなり、かなりめんどくさいことになるので正しくアドレスを入力するように注意しましょう。

2. これまでに設置した内部リンク”http”を”https”に置換

SSL化すると、サイトのアドレスが旧”http”から新”https”に切り替わります。

つまり、過去、自分のサイト内に貼った内部リンクも”http”→”https”に修正する必要がでてきます。(※内部リンクとは、自分の記事に自分でリンクをつけること)

記事数が少ないなら1記事、1記事、手動でやっていくのもいいかもしれませんが、記事数が増えるとそれだけで一日終わるくらいの作業量になりますし、修正漏れがでてくることもあります。

なので、ここでWordPressプラグインの『Search Regex』を使います。(“プラグイン > 新規追加”から検索すると出てきます)

このプラグインを使えば修正箇所を検索して、該当箇所を一括置換できるので、3分クッキング並に一発でこの工程を片付けることができます。

3. FTP設定

最後のステップ3では、”.htaccess”というファイルをいじって、”http”に来たアクセスを”https”にリダイレクトする設定を施します。

このファイルをいじるために、FTPに入って設定をする必要が出てきます。

FTPの代表的な無料アプリケーションとしては

  • Win:FFFTP
  • Mac:FileZilla

があります。

アプリケーションを使う方法がわからなければ、サーバーによっては、ウェブページのまま直接FTPに入っていくことができるので、そうした方法を使うのもアリです。

たとえば、エックスサーバーであれば、”インフォパネル > ファイルマネージャ”でWebFTPが開くので、ここからFTP内のファイルをいじることができます。

そして、FTPに入り、“.htaccess”を見つけたら、次のコードを一番上の行に貼り付けます。

ちなみに、ここの設定をしくじるとWordPressが開けなくなったりするので、ファイルをいじる前に必ずバックアップを取っておきましょう。

おわりに

以上が、WordPressをSSL化するやり方についてです。

作業のポイントとしては、それぞれの工程を1つ1つ進めつつ、きちんと動作確認しながら行っていくといいです。(そのため、動画内では逐一、動作確認を行っています)

これでSSL化は完了になるのですが、場合によってはSSL化したにもかかわらず、ブラウザの鍵マークが緑色にならないことがあります。

これは、混在コンテンツが原因だったりするので、こうなった場合は手動で修正していく必要が出てきます。

こちらのやり方に関してはサイトが丸見えになってしまっている関係上、一般公開はせずにLINE@に登録してくれた方限定で配布しています。

なので、完璧なSSL化に仕上げたいという場合は、LINE@に登録して動画の通りに実践すればOKです。

LINE@登録して限定動画を受けとる(無料)