「見出しを制する者は…記事を制す!!」

どうせ作るなら見やすく、見栄えのいい記事をつくりたい。

ブログをやっている人であれば誰もが思うことでしょう。では、見やすい記事を作るにはどうすれはいいのか?

そんな時には見出しタグを使って見出しを設定するべし。

冒頭のセリフと似たようなことを「はじめの一歩」に出てくる偉い人も言っていました。

そんなわけで、今回はよくある見出しタグの使い方ミスとともに、正しい見出しの使い方を紹介していきます。

見出しを正しく使えば記事の見た目が引き締まって読みやすくなるだけでなく、検索エンジンのロボットにページ情報をわかりやすく伝えることができるのでSEOにもプラスの効果があります。

見出しタグとは

見出しタグとは、その名の通りページ内に見出しを設定するタグのことです。

HTMLタグでは”Heading(見出し)”の頭文字を取って<h1>-<h6>といった具合に、hに1-6までの数字がついたタグで表されます。

実際にこの見出しタグを使うと次のようになります。

 

見出しタグにはレベルがあり、hの数字が小さいほど上位のレベルを表し、hの数字が大きいほど下位のレベルであることを表します。

この見出しタグを使うメリットは2つ。

  • 文字デザインが変わるので読者にとって見やすくなる
  • 検索エンジンにページの構造を伝えることができるのでSEO効果がある

読者にとって見やすくなればユーザービリティが上がり、「この記事は見やすいなぁ」という利便性につながってきます。

また、検索エンジンにも「この部分は見出しを使っている箇所ですよ〜」と、ページの構造をわかりやすく伝えることができるため、理解を助けてSEOで有利になる効果があります。

よくある見出しタグの間違った使い方3つ

見出しタグを正しく使うことで読者にとっても検索エンジンにとってもプラスの影響を与えますが、この見出しタグの存在を知らなかったり、ルールがあまり知られていなかったりするせいか、間違った使われ方をしていることがよくあります。

特に、WordPress初心者の人がやってしまいがちなのは次の3つのミスです。

  1. 見出しタグを全く使わない
  2. 見出しタグをデザイン目的で使っている
  3. 見出しタグを使う順番を無視している

これを具体的に見ていきましょう。

1. 見出しタグを全く使わない

メルマガ経験者であったり、アメブロなどの無料ブログからWordPressに移行した人によく見られるのが、記事内に見出しタグを一切使わず、ただ文字をズラズラズラ〜っと書き連ねていくスタイルの記事です。

見出しが全く使われていないと記事の起伏がなくなり、単調で味気ないものになるので、読者からすると見づらい記事になってしまいます。

この”見づらい”というのがWeb記事においては致命的。

Web記事は基本的に流し読みされるものです。

読者は記事を開いた瞬間〜数秒で、自分が求めている情報があるかないかをパッと見て判断し、「ここに情報はなさそうだ」と思えばページからさよならバイバイし、「ここに情報がありそうだ」と思えば記事を読んでいくといった行動パターンを取ります。

そのため、記事を読んでもらうためには、読者が記事を開いた時にパッと見で「ここに情報がありそうやん!」と思ってもらう必要があります。

ちなみに、文字を大文字にしたり太字にする装飾を施すことで見た目を見出しっぽくしているケースもよく見られます。

しかし、これは人間の目から見ると見出しとわかるので問題ないですが、検索エンジンには見出しであることが正しく伝わらないため、半分正解、半分不正解。非常に惜しい状態になります。

2. 見出しタグをデザイン目的で使っている

見出しタグを使って見出しを設定すると文字デザインが変わるため、これを利用して強調したい箇所に見出しを使用しているケースもよく見かけます。

たとえば、登場人物のセリフ、心の叫び、注意を促す場面などで間違って使われていることがあります。

こうした場面では文字デザインをインパクトあるものにすると、高ぶったテンションを表現したり、単調さを打ち消したり、動きをつけることができるので見やすい記事にすることができます。

ただ、だからといってデザイン目的で見出しタグを使のは間違った見出しタグの使い方には注意しましょう。

「見出しを設定すれば簡単に文字サイズが変わるわ♪なんて楽なんでしょう☆」なんて使い方をしていた時期が私にもありました。が、これは完全に間違いです。

見出しは見出しタグ、強調したい箇所は太字や色文字を使いましょう。

3. 見出しタグを使う順番を無視している

見出しタグには使い方のルールがあります。

そのルールとは、決められた順番で見出しを使っていくというルールです。

たとえば、本にはまず本のタイトルがありますが、目次を開いてみると、章、節、項といった具合に、本全体で秩序ある構成が取られています。

記事の見出しのルールもこれと一緒です。

見出しタグには1-6までのレベルがあり、この順番を守って正しく使うことで検索エンジンが記事を読み取っていくさいに内容理解を助け、SEOでアドバンテージを取ることができます。

正しい見出しタグの使い方

それでは一体、見出しを正しく設定するにはどうしたらいいのか?

なんてことはありません。WordPressの見出しタグを正しく使うために押さえておけばいいのは次の3つです。

  • h1はページ内で一回だけ使える
  • 自分で使うのはまずh2から
  • h3以降は順番のルールを守る

ひとつひとつ、順番にみていきましょう。

h1はページ内で一回だけ使える

h1は最上位の見出しレベルになり、ページ内で一度しか使いません。

このh1は本でいうところのタイトルで、本のタイトルは本一冊につき、ひとつのタイトルしかつきませんよね。

これと同じように、h1もひとつのページで1回きりしか使えません。

昨今のSEO最適化されたWordPressテーマであれば、このh1に関しては自分で設定せずとも自動的に設定されるようになっています。

  • トップページ・・・ブログタイトル
  • 記事ページ・・・記事タイトル

これらがh1に自動設定されるものがほとんどです。

ここが重要なところで、ブログタイトル or 記事タイトルがデフォルトでh1に設定されるため、通常、自分でh1を設定することはありません。

WordPressにはビジュアルエディタのときに”見出し1″という設定項目がありますが、これはひっかけです。基本的に自分で使う必要がないものだと覚えておきましょう。

自分で使うのはまずh2から

見出しレベルでh1の次にレベルが高いのがh2になります。

このh2は本でいうところの章に相当し、一般的に見出しというとこのh2のことを指します。

本では内容をわかりやすくするために大きな話の内容を1章、2章、3章と区切りますが、記事でも同じように大きな話の内容を区切っていくときにh2を使います。

そのため、このh2に関しては記事内で何度使用しても構いません。なので、記事本文で見出しをつけていくさいは、「まずh2を使う」。

h1は基本的に自動で設定されるので、「自分で設定する必要があるのは見出し2以降」と覚えておきましょう。

h3以降は順番のルールを守る

h1は自分で使わない。まずはh2を使う。

ここまでで見出しタグの基礎を2つマスターしたわけですが、次が一番厄介なところなので心して聞いてください。

見出しタグには”順番のルール”があります。

見出しタグにはレベルがあるので、見出しを使うときは上位から下位に流れるように順番に見出しを使っていきます。

見出しは内容をひとかたまりとして区切る役割を持っており、h1の内容を細かく分けたものがh2、そのh2の内容をさらに小分けしたものがh3、そのまたh3を分けたものがh4・・・といった具合になるように順番を守って使います。

ただ、見出しレベルがh4→h2に下位から上位に変わるときは飛び級してもOKです。

この順番のルールを理解するとき、本で例えると理解しやすいです。

本ではタイトル、章、節、項といった構成が取られていますが、見出しタグもこれと同じで、

  • h1・・・本のタイトルと同じ。使えるのは一度のみ。
  • h2・・・本の章と同じ。話の内容を大まかに区切る。
  • h3・・・本の節と同じ。章の内容を区切る。
  • h4・・・本の項と同じ。項の内容を区切る。

といった具合に覚えるとわかりやすいでしょう。

見出しを挿し込むベストなタイミング

ここまで見出しタグについて、使い方のルールを紹介してきましたが、ルールを把握した上で実際に記事を書くときにでてくる次の悩みが、「いつ見出しを使えばいいのか?」といったタイミングの問題です。

結論から先に言いましょう。

これは、次のタイミングで使っていくといいです。

  • 読者の目を引き止めたいタイミング
  • 読者に集中力をリセットしてもらいたいタイミング

(ベストといいつつ2つあるという)

読者の目を引き止めたいタイミング

先ほども話しましたが、読者は記事を流し読みするため、この流し読みする目を止めたいときに見出しを使い、視線にフックをかけていきます。

見出しタグを使った箇所はふつうのテキストよりも大文字で表示されたり、囲み枠がついたりするので、記事本文よりも目立つようになります。

人は目立つものに注目するようにできているため、サササーっとスクロールして流し読みしいる間も見出しの文字情報は案外、拾えているものです。

そしてこの時、見出しが目について「あ、この部分なんか気になるな」と思われたら、ラッキーチャンス。

読者はそこで始めて流し読みをストップし、記事を読んでくれるようになります。

なので、スクロールする手を止めたいタイミングで見出しを使っていくと効果的です。

読者に集中力をリセットしてもらいたいタイミング

見出しには読者の集中力をリセットする効果があります。

もし仮に、記事に訪れてくれた人が熱心な読者であっても、文字ビッシリの記事を読むのは疲れるものです。

人は区切りがいいところまで何かやるのが大好きです。

たとえば、友だちの家で漫画を借りて読んでいたとき、「この一冊みたら今日は帰ろう」とかそんな風に区切りをつけて考えるものです。

まさか「第17話の31コマ目でみたら帰るか」なんて変人はそうそういないでしょう。

もしかしたらいるのかもしれませんが、今までそんな人見たことも聞いたこともないです。

記事もこれと一緒で長文を読んでいるときは、見出しを一区切りとして読んでいる場合が大抵です。

ここで次の見出しまでの間隔があまりに長いと読んでいるほうは「いつまで読めば休めるだ…」と疲れてきますし、逆に見出しの間隔が短すぎると文章のかたまりが小さいものになるので「なんか内容、薄そうー…」といった印象を与え、こちらは結果として読む前から集中力を奪い、雑に読まれる原因になりえます。

なので、文章のかたまりはほどほどに。

読者の集中力をリセットして一息ついてもらいたいタイミングで使うと効果的です。

何文字の間隔で見出しを使うべきか

読者の目を引き止めたいタイミング、読者に集中力をリセットしてもらいたいタイミングがいいといっても、「じゃあ結局、何文字くらいの間隔がいいのか?」そんな悩みもあるかと思います。

参考までに私が意識している間隔としては、文字だけの内容であれば平均400〜600字を目安に、少なくとも200字以上、多くても800字以内をひとつの目安としています。(導入とまとめ部分に関しては100字〜400字程度を目安)

ただ、これはその人の画像や文字装飾などを使うかどうかといった記事スタイルや、狙っている読者層によって変わってきます。

そのため「この文字数だとみんなベスト!」といった、正解はありません。

カラフルな雑誌や漫画を愛読する人にはもっと見やすいよう細かく区切った方がいいかもしれませんし、普段から難しい本や論文などを読む人であればこの逆に細かく見出しが入るとうっとうしく感じるかもしれません。

こればっかりは読んでもらって感想をもらうしかないですし、かといって見出しの間隔について感想をくれる人なんてそうそういません。

なので、見出し間隔の最適解を見つけたいときは、まず最初に自分を読者ターゲットとして考えてみるといいです。

自分だったらどんな間隔で見出しが入ると記事が読みやすいか?

自分自身の自分のブログの読者の一人です。

自問自答して自分の心の声を参考にしてみましょう。

まとめ

WordPressでの見出しタグの正しい使い方として、

  • h1はページ内で一回だけ使える
  • 自分で使うのはまずh2から
  • h3以降は順番のルールを守る

という3つのポイントを紹介してきました。

本を読んでいるとき、長い文章を読んで次のページをめくった時に、そこが新たな章の見開きだと、一仕事終えたあとのような達成感と、新しい話への期待が重なってワクワクするものです。

ちょうどいいテンポで新たな章に突入する本は読んでいて気持ちがいいですよね。

見出しもこれと同じように、読んでいる人が気持ちよくなれるような使い方が一番です。

基本的なルールをマスターしたら、あとは試行錯誤して自分なりの最適解を見つけていきましょう。