「目が良くなれば明るい未来が待っている」

円錐角膜治療としてハードコンタクト、角膜リング手術を受けましたが、そのいずれも上手くいきませんでした。

ショックでしたが、そうはいっても生きていくために仕事は切っても切り離せないものです。

喰っていくためにどうしようかと悩んでいたのですが、そんなうちに知ったのが副業の存在。

副業の中にはインターネットを使えればできるものも多く、外に出ずとも在宅で完結させることができます。

紆余曲折ありましたが、今ではそうして副業として始めた仕事を本業にして独立しています。

今回はそんな体験談を書いていきます。

※この記事はシリーズ8番目の記事になります

円錐角膜のバックボーン

まず、今回の話を紹介する前に私の円錐角膜のバックボーンについて簡単にまとめておきます。

  • 状態:両眼とも重度の進行
  • 矯正:目が痛くて無理
  • 視力:条件が揃えばわりと見える

視力に関してはその日の調子、状況によって結構ムラがあります。

たとえば学校の視力検査でおなじみのCの字の視力検査をしたとき、明るさが強い場所で調子が悪いと一番上のCもよくわかりません。

けど、明るさを落としてピンホールメガネのようなものを使えば0.6くらいは出たりするので条件が揃えばわりと見えます。

円錐角膜によるハンディ

円錐角膜だと主に次のようなハンディがあるかと思います。

  • 明るさに弱い
  • 細かい字が読めない
  • 遠くのものが識別できない
  • 車の運転ができない
  • 目が疲れやすい

私は自分ができないこと、苦手なことを把握しておくのは、できることの可能性を探るためにも重要だと考えています。

できないことがはっきりしてれば、その分、できることとのコントラストがはっきりして可能性が追求がしやすくなるからです。

円錐角膜の突破口

ここまで前置きでここから仕事の話にシフトしていきます。

私は自分の苦手なことをまとめてみたときに

  • 運転する仕事は無理
  • 書類仕事は無理

とか、そういった具合に自分に向いてない仕事が見えてきたので、この真逆に

  • 運転しなくていい仕事はなんだろう?
  • 書類を扱わなくていい仕事はなんだろう?

といったことを考えてみました。

それプラス、当時はサラリーマンやってたので時間に融通が効く仕事を探す必要がありました。

こうしたことを考えてみるとだんだんとポイントが絞られてくるのでやれることが見えてきます。

選んだ仕事

こうした諸々を検討した結果、「ブログをやろう」という結論に行き着きました。

元々好奇心が強いタイプでもあるし、よく調べ物をネットでしていたので、自分の強みとマッチしていたというのもあります。

ブログなら、

  • 時間も融通が効く
  • 運転しなくていい
  • 書類を扱わなくていい

といった要素をクリアしてます。

この他にも、当時勤めていた会社は半年に1回転勤があったので場所に縛られないメリットとか、人の顔を覚えるのが苦手だったので人と直接コミュニケーション取らなくていいメリットとか、そういったポイントを押さえていたので条件としては理想的でした。

円錐角膜でPCを満足に使うには

「ブログが条件にピッタリ!」・・・とはいえ、ひとつ問題がありました。

それは円錐角膜であるがゆえに、

  • PCの明るい画面がキツイ
  • 文字がちっさくて見えない

ということ。

ただ、これを解決できる完璧な方法がありました。

「Macを使う」

これは私の中でも人生ベスト3に入るくらい画期的な発見でした。

Macなら色反転もズームも自由自在

元々はスマホでiPhone使ってるときに発見したんですが、iPhoneには色反転・ズーム機能があります。

色反転すると黒背景に白字になるので、眩しさが消えて一気に見やすくなります。

また、ちっさい文字があってもズーム機能を使えば拡大して読めるのでこの機能に気づいたときは感動しました。

で、iPhoneにあるならMacにもあるんじゃないかと。同じアップル製品ですし。

そうしたらやっぱりMacにもこの機能があるじゃないですか。

かくして私はWindowsからMacに乗り換えました。めっちゃ快適です。

補足

私がブログを始めた当初、Windowsにも色反転機能はありましたが、かなり使い勝手が悪いものでした。

Macであればショートカットキーひとつで色反転・ズームを切り替えられるのでストレスなく使えるのですが、Windowsは設定からいろいろごちゃごちゃ入っていかないと切り替えできなかったので実用性はイマイチ。

また、ズーム機能に関してはWindowsには搭載されておらず、Macにしかありませんでした。

そうした面から「Macはなんて優しいPCなんだ…」と感動しましたが、もしかしたら今はWindowsでも同等の機能が備わっているかもしれません。

ブログで喰っていけるのか?

それでは、はたして本当にブログで喰っていけるのか?という点について。

結論からいうと喰っていけます。

世の中には私だけではなく、そうした人たちはゴロゴロいます。

やり方は様々で広告で収益化していたり、自分の商品の販売につなげていたりと多種多様。

たとえば広告で収益化する中でも、アフィリエイトなんて言葉は有名です。

商品紹介する記事書いて、自分が貼ったリンクから商品購入者が出ると報酬がもらえるというやつです。

私の場合は副業から始めて一年後くらいに給料を超えるようになったのでそれをひとつの契機として会社を辞め、独立しました。

独立してから変わったこと

独立してから変わったことといえば、会社に行かなくて済むようになったのでそれに関する負担やストレスがなくなった、というのはもちろんですが、それよりも大きいものがあります。

それは自信を取り戻せたということです。

やっぱり会社で働いていたときには、他の人が普通にこなせていることが自分にはできなかったり時間がかかっていたりしたので、周りに迷惑をかけて申し訳ないとか、不甲斐なくて情けないとか、思い通りに行かなくて悔しいとかとか、平たく言えば劣等感を感じていました。

そうして考え方も卑屈になっていって、仕事だけじゃなくプライベートに対しても消極的になり、不充実感が溜まってモヤモヤした生きづらさを感じて生きてました。

けれど、ブログ始めて自分でやったことが数字の成果として現れると、それがなんだか楽しかったですし、「お、実はやればできるじゃん」と、だんだんと自分に自信を持てるようになって物事への接し方も積極的になっていきました。

たとえば、自分一人で東京に行って知らない人だらけの飲み会に参加してみたり、一人で沖縄旅行に行って楽しかったからまた友だち誘って行ってみたりと、そんな具合に色々です。

よく見えないのに知らない場所に行くのはやっぱりちょっと怖いですが、そんな勇気も持てるようになったわけです。

円錐角膜だから生きづらいのか?

円錐角膜に悩んでいたときは、とにかくめちゃくちゃ生きづらさを感じていました。

でも私が思うに、円錐角膜だから生きづらさが生まれるわけじゃなく、そこからくるフラストレーションが生きづらさを生み出しているんだと思います。

円錐角膜であっても充実した日々を送っている人はいるでしょうし、逆に言えば円錐角膜じゃない人でも何かしらのフラストレーションを抱えている人は生きづらさを感じていると思います。

だから別に円錐角膜だから生きづらいというわけじゃない。

フラストレーションが生きづらさを生み出している。

そう考えたら、生きづらさの解消ができそうな気がしませんか?

円錐角膜を解消する完全な治療法はまだありませんが、フラストレーションを解消する方法はあります。

そのうちのひとつは、充実感を感じられる何かに打ち込むこと。

それが私にとってはブログだったわけです。

始めた経緯は「喰ってくために仕事問題をどうしようか」というところからスタートしたわけですが、結果的にこれが打ち込めるものとして自分に合っていました。

円錐角膜になったから今がある

『円錐角膜でなければどんな人生だったんだろう…』

そう考えることはよくあります。

みんながやってるみたいに、夏には海にドライブして遊びに出かけて、冬には真っ白の雪山でスノボを満喫し、仕事も普通にこなして夜には同僚と飲みに出かけ…そんな人生を送っていたのかもしれません。

そんな普通の人生を送ってみたいという憧れもありますが、もし普通の人生を送っていたら独立することはなかったかもしれませんし、打ち込めるものも見つかっていなかったかもしれません。

そう考えたら、円錐角膜になったことは結果オーライだったのかもしれない。なんて今ではそんな風に考えてます。

ちょっと前向きすぎやしないかとツッコまれることもありますが、クヨクヨ考えるよりも前向きに考えて生きたほうがお得じゃないですか?

まとめ

円錐角膜からくるフラストレーションを感じて卑屈に生きるのは簡単です。

でも、そうやって生きてもつまらないし、そうした悩みを抱えていたならおそらくきっと「なんとか変えたい」と強く思ってるんじゃないでしょうか。

私もそうした想いがずっと強くあって、何から始めてみたらいいかはわからなかったけど「とりあえず現状を変えたい、じゃあ何か新しいことを始めてみよう」となったのがきっかけです。

「打ち込めるものってなんだろう?」

自問自答してみて、既に何か打ち込めるものを見つけているなら、それに全力で取り組んでみるといいんじゃないでしょうか。

もしまだ打ち込むものが見つかっていなくて、「ブログにチャレンジしてみようかな…」と思ったなら、当ブログではその手の記事を多数紹介してますし、メルマガでは初心者講座もやってるので興味があれば利用してみてください。

これが変化のきっかけになるかもしれませんし、もしそうなれば幸いです。

今すぐメルマガを試し読みしてみる