zoom通話に招待されたけど、どうやって参加したらいいの??…とお悩みのあなたへ。

この記事では、はじめてzoomの通話に招待された人が、パソコンでどうやって参加すればいいのか、その一連のやり方と流れを全て紹介しています。

主にMacでの説明になってますが、Windowsでも同じ手順で使い始めることができます。

動画解説

動画が一番、手っ取り早くわかりやすいだろうということで、使い方の一連の流れを動画にしました。

具体的にどんな感じで通話ができるのか見てみることもできるので、迷ったらとりあえずこの動画をみることをおすすめします。

zoomの参加方法

zoomの通話に参加するためには、通話に招待される必要があります。

そして、はじめて参加するときだけ、zoomのアプリをインストールする手順があるので、それを踏まえた上での参加方法を紹介します。

はじめてのzoomの参加方法

zoom通話に招待された人は、主催者から画像のようなURLが送られてきているはずなので、通話するさいには招待されたURLを開きます。

URLをクリックすると、ブラウザが立ち上がります。

このとき、zoomのアプリがパソコンにインストールされてなければ、自動でzoomのダウンロードがスタートします。

もし、待っても自動でダウンロードされない場合は、「ダウンロードして開始してください」をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを開き、zoomをインストールします。

インストールが終わるとzoomが立ち上がるので“ミーティングに参加”をクリック。

ルームIDと名前の入力が求められるので、ここを入力します。

  • ルームID:招待URLの末尾9桁の数字
  • 名前:通話参加時のニックネーム

ここでルームIDを正しく入力すれば、招待された部屋に参加できます。

名前はなんでもいいですが、主催者の人に自分が誰だかわかるよう、わかりやすい名前をつけておくとその後のやり取りがスムーズになります。

ここまでくるとzoomが完全に起動するので、”コンピュータでオーディオに参加”をクリックします。

すると、晴れてzoomへの音声参加が完了になります。

「もしもし〜?」としゃべってみて、声が聞こえているかどうか確認してみましょう。

2回目以降の参加方法

初回はzoomのアプリをインストールする必要があったため、若干、手間がかかりましたが、zoomをインストールしたあとは、今度から招待URLをクリックするだけで通話に参加できます。

ルームIDすら打ち込む必要がないので、先にzoomをインストールしておくと参加までがめちゃ早になります。

はじめてのzoomの使い方

ここまでの操作でzoomの通話に参加できるので、山場はクリアしています。

ここからは不測の事態が起きていなければ相手とコミュニケーションできる状態になっているので、何かトラブルが起きたら通話やチャットで助けてもらうことができます。

ただ、チャットするにしても最低限の使い方を知っておく必要があるので、使い方を事前に予習しておきましょう。

マイク設定

zoomは基本的にマイク、スピーカー、カメラなどの面倒な初期設定はありません。なぜなら、zoomがこれらを自動検出し、勝手に最適な設定してくれる優れものだからです。

これはパソコンが苦手な人にもとてもやさしい仕様。とはいえ、マイクが通じないケースもやっぱりあるので、マイクの設定方法について知っておきましょう。

zoomに入ったら、画面左下のマイクアイコンに注目してみてください。自分がしゃべっているときにメーターが動いていたら、マイクが音を拾っているとういことなので、メーターが動くようであればマイクは正常に動いています。

そんな切ない状態にならないよう、ここはしっかりチェックするといいです。

もし、マイクアイコンにスラッシュが入っていたら、マイクがミュートになってる状態なので、マイクアイコンをクリックしてミュートを解除しましょう。でないと、壁に向かって独り言を延々としゃべっている状態です。

もし、マイクがミュート状態でないのに相手に声が聞こえていないときは、zoomがどのマイクを使用しているかチェックしてみてください。

マイクアイコンの脇の”△”をクリックすると、どのマイクを使用しているかをチェックできるので、使っているマイクが選択されていなければ、ここから選択しなおします。

これでも通話できないようなら、相手のスピーカー設定がミスってるか、もしくは自分のマイクが壊れているかなので、相手にチャットで相談してみましょう。(チャットの使い方は後述)

画面共有

zoomでは、自分のパソコンの画面を相手に見せることができます。

画面を共有することで、口で上手く説明できないことを瞬時に伝えることができ、何を伝えんとしているのかが一発でわかるのでとても便利です。

説明が難しいと思ったら、自分から「画面共有していいですか?」と、進んで画面共有するといいでしょう。その方が時間の節約になるのでお互いにメリットがあります。

画面共有のやり方はとても簡単で、zoomの画面真ん中に表示されている”画面の共有”ボタンを押します。

すると、どの画面を共有するか選べるので、見せたい画面を選んで共有します。

画面の共有を停止したいときは、画面上部にマウスを持ってくとコントロールが表示されるので、ここから停止ができます。

チャット

zoomにはチャット機能もあります。

マイクがどうしてもつながらない場合や、音声での参加が難しいときはチャットでコミュニケーションを取るといいでしょう。

とくに、マイクが通じない場合、相手も「あれ?参加してるのに声が聞こえないな…もしも〜し?」と、困惑してしまうのですぐにチャットしてマイクがイカれた旨を伝えましょう。

画面下側にある、”チャット”と書かれた吹き出しアイコンをクリックすると、チャットウィンドウが開きます。

あとはここからテキストを入力し、Enterを押せばチャットが飛びます。

退出方法

最後、zoomの通話が終わったとき、主催者が部屋を閉じれば自動的に通話も終了します。

しkし、なんらかの事情で主催者が部屋を閉じそこねた場合、自分でも退出することができるので知っておくと便利です。

画面の右下に”ミーティングから退出”と書かれたボタンがあるので、これをクリックします。

確認画面がでるので、”ミーティングから退出”をクリックします。

これで、退出が完了します。

まとめ

以上、はじめてのzoomの使い方(パソコン編)を紹介してきました。

ここではzoomの通話に招待された人の使い方を説明してきたので、もし、自分で部屋を立てて誰かを通話に招待したいとなった場合は、改めてzoomのアカウントを作成する必要があります。

ただ、招待される人はアカウント作成不要なので、負担少なく参加できるのがいいところですね。

アプリさえ先にインストールしておけば、いちいちルームIDの入力をしなくてもURLをワンクリックするだけで済むので、先にzoomをインストールしておくと楽です。

zoomの関連記事

スマホから参加することもできるので知っておくと便利。

はじめてのzoomの使い方。通話に招待されたときの参加方法を動画解説(iPhone編)