「zoomならスマホからでも簡単に使えますよ」

そう言われてzoomを使ってオンライン通話する予定ができたけど、、でも、一体、どうやって使えば・・・?

そんなわけで、zoomの使い方をシミュレートできる記事を作りました。

iPhoneからどうやって使えばいいのか、はじめてのzoom通話もこれで予習しておけば、当日安心して通話に臨めます。

動画解説

使い方をシミュレートするには動画が一番。

そんなわけで、はじめて通話を開始する方法から基本的な使い方まで、一連の流れを通して説明してます。

どんな風に動くか知っておきたければ、動画を見ておけば一発です。

zoomの参加方法

zoomの通話に参加するには、相手から通話に招待される必要があります。

おそらく、既に誰かに招待されていてそういった機会があったからこそ、この記事を見てるんじゃないかなーと思うのですが、きっとまだあなたのiPhoneにはzoomアプリがインストールされていないことでしょう。

そんなわけで、はじめて使うことを想定して紹介していきます。

はじめてのzoomの参加方法

zoomの通話に招待されたのであれば、主催者から画像のようなURLが送られていると思います。なので、通話するときはまずこのURLを開きます。

URLをクリックすると、ブラウザが開きますが、「ページが開けません。」とメッセージがでます。これは気にせず”OK”で大丈夫です。

OKすると今度は「App Storeで開きますか?」と聞いてくるので、ここで”開く”を選択。

そしたらzoomアプリをインストールできる画面に切り替わるので、zoomをインストールします。

インストールが終わったら次は、、、

一度、招待されたURLに戻りましょう。

アプリがインストールされた状態でもう一度URLを開きます。

「このページを”Zoom”で開きますか?」とくるので”開く”を選択。

すると、zoomのアプリが立ち上がります。

アプリが立ち上がったあと「名前を入力してください」とくるので、名前を入力します。

ここの名前は、通話時に表示されるニックネームなので、相手が自分だとわかる名前を入れておきましょう。その方がスムーズに通話を始められます。

そして、名前をいれたら”続行”を押します。

「”Zoom”がマイクへのアクセスを求めています」と聞いてきたら、”OK”を押します。

ここでOK押しておかないと、通話するときに自分の声が相手に聞こえなくなるので要注意です。

でも安心してください。仮にもし、そうなったときは“iPhoneの環境設定 > Zoom”からマイクを許可する設定をすればOKです。

マイクを許可すると続けて「”Zoom”は通知を送信します。よろしいですか?」と聞いてくるので、これも“許可”しておきます。

※許可しておくと、後々アカウントを作成してサインインして使ったときにメッセージという機能が使えるようになります。通知を許可しておけば、このメッセージがきたときに通知が鳴るようになるので自分宛ての大事なメッセージの見落としを防ぐことができます。

そして最後、「他のユーザーの音声を聞くにはオーディオに参加してください」とでるので、ここで”インターネットを使用した通話”を選択します。

これで通話に参加できた状態になります。「もしもし?こんにちはー」と言って声が聞こえているかどうか確認してみるといいでしょう。

2回目以降の参加方法

はじめてzoomに参加するときは、

  • zoomアプリのインストール
  • マイク・通知の許可設定

といった作業がありましたが、これらは、はじめの一回だけの作業になります。

つまり、2回目以降はこれらの作業をスキップでき、もっと簡単にパパっと参加できます。

はじめてのzoomの使い方

ここからはzoomの使い方について紹介します。

スマホから参加ということであれば、多くの機能を覚えておく必要はありません。

  • マイクミュート
  • チャット
  • 退出方法

それでも、この3つに関しては覚えておいた方がいいので、これらの使い方を紹介します。

マイクミュート

通話に参加すると、画面の真ん中に人のシルエットがでます。

この画面のどこでもいいので、どこかをタップすると画面の下側にメニューが表示されます。

メニューが表示されたら左下にあるマイクアイコンに注目してみてください。

このアイコンをタップすることで、マイクのミュート設定ができます。

マイクにスラッシュが入った状態だと、マイクミュートになっていて自分の声が相手に聞こえない状態になっているので、通話するさいにはミュートを解除しましょう。

この逆に音声参加できないときはミュートにしておくといいです。

チャット

音声参加できないときにどうやってコミュニケーションを取るかですが、実はスマホからでもチャットができます。

チャットするにはまず”参加者”と書かれた吹き出しアイコンをタップします。

画面が切り替わって参加者の一覧が表示されます。

この左下にちっさく”チャット”と書かれている箇所があるのでこれを開くとチャットができます。

チャットはLINEみたいな感覚で使えます。

全員に向けてチャットしたり、プライベートチャットもできたりします。

チャットの画面から元の画面に戻りたいときは左上の”閉じる”を押せばOKです。

“閉じる”を押してもチャットルームから退出するわけではなく、ひとつ前の画面に戻る操作になります。

チャットが閉じてしまうわけではないので、安心して閉じるを押して大丈夫です。もっかい同じ手順でチャットを覗けば、きちんとまたさっきのチャットが見れます。

退出方法

最後にzoomの通話を終了する方法について。

zoomで通話を終了するには、現在参加している部屋から退出することによって終了できます。

画面をタップしてメニューを表示させると、右上に”退出”という箇所があるのでここを押します。

「ミーティングを退出しますか?」と確認されるので、”会議を退出”を選びます。

これにてzoomの部屋から退出し、通話が終了したことになります。おつかれさまでした!

こんな具合に、退出するときは確認を取ってくれるので、うっかり退出ボタンを押してしまったおきでも安心です。

もともと直感的に操作できるように作られているので、適当にパシパシ操作していってもなんとなく使えるようになっていきます。怖がらずにどんどん試していきましょう。

まとめ

以上、はじめてのzoomの使い方(iPhone編)を紹介してきました。

zoomはスマホからでもお手軽に参加できるので、パソコンが不調とかちょうど外出宙とか、そういったときでもスマホから参加できます。

とくにグループ会議の場合、音声参加できなくてもミュートにして一言「聞くだけ参加です」とチャットしておけば、ラジオ聞いてるみたいな感覚で参加できます。

音声参加はできないけど、内容を聞いておきたいって場合はそんな風に参加するといいんじゃないでしょうか。参加することに意義があります。

zoomの関連記事

PCから参加したい場合は別の記事でやり方をまとめています。

はじめてのzoomの使い方。通話に招待されたときの参加方法を動画解説(Mac編)