この記事は「ブログビジネスとは」についてまとめています。

自分でビジネスを始めたいと思って、いろいろ探してみると「ブログがいい」なんて話しを聞いたことありませんか?

ねこくん
ただ、そうはいっても情報があまりに多すぎて、一体なにを始めていいのやら・・・。
いぬさん
巷では「ブログは稼げる」とか「やっぱり稼げない」とか、本当はどっちなの?ってなるよね。

では、この疑問にお答えします。

結論からいうとブログをビジネスとして真剣に取り組めばちゃんと稼ぐことができます。

そこで、この記事では「ブログをビジネスに変えるとはどういうことか?」ブログビジネスの基礎についてまとめました。

ブログをビジネスに変えるための全体像を掴み、基礎を学んでいきましょう。

ブログビジネスとは?

ブログビジネスとは、ブログをビジネスにしてお金を稼ぐことです。

ブログの中には趣味ブログとかもありますけど、そうじゃなくて、もっとビジネスライクにやるってことです。

もちろん、趣味のことをブログに書いてもかまわないんですけど、やり方は趣味の延長線じゃ厳しいよってことです。

適当に書けばいいってもんじゃないし、ちょちょいとやればいってものでもない。

ブログでお金を稼ごうと思ったら真剣さが必要なんです。

それで、ブログの「稼げる vs 稼げない」論争は、人によって意見がよく割れています。

過去に試しにやったことあるけどダメだったよ…なんて人もたくさんいます。だから、「ブログは稼げない」という意見もありますが、実際はそんなことありません。

私も最初は「知識・コネ・資金」ゼロのところからスタートして、最初は月20万円の収益を達成し、それから大体一年後に月325万円の売上(日最高112万円)を達成して、ブログをビジネスにしています。

これは私だからできたわけではなくて、ようは取り組み方の問題であり、このためにどうすればいいのかということを説明していきます。

ブログで稼ぐには高い能力が必要なのか?

ねこくん
ところで、自分にできるか不安なんだけども・・・

ブログの取り組み方に入っていく前に、「ブログで稼ぐにあたって高い能力が必要なのかどうか?」という話しをひとつ。

「自分にできるんだろうか・・・?」

これはよく寄せられる悩みなのですが、結論からいうと、ブログで稼ぐにあたって特別人より高い能力が必要なんてことはありません。

むしろ、ぶっちゃけ私は人より劣ってるところが沢山あります。コンプレックスも多くて、自分の嫌いなところだって沢山あります。

この話しは少し余談になりますが、能力が関係ないという話しを紹介します。

ブログに能力は関係ない?

きっかけは18歳のとき、私は「円錐角膜(えんすいかくまく)」という目の病気になり、急激に目が悪くなりました。

この目の問題はいたるところに響き、当時まだ大学生だったんですけど、遠くにいる友達が見つけられないから一人で行動するほうが気楽になっていって、だんだんコミュ障みたくなっていき、就職活動のときにもそれが災いしたのか、まぁいろいろあって全部落ちました。

「就職?なにそれおいしいの?どうやったらできるの?」そんな状態です。

就職とかできる気がしなくて7社くらい受けたところで、もう面倒臭いし、落ちる度に自分を否定されているようでそれが嫌だったので「やってらんねーわ」って逃げ出すように諦めました。

その後、一応、一年間の就職支援を受けて研修生として会社に入ります。

研修期間が終わったあと、電気屋でフレッツ光を売る派遣を経験し、さらにその後、人の縁あって運良くスノボとアニメグッズを売る会社に拾ってもらえました。24歳のときの話しです。

ただ、ここでの働きも仕事でレジ打ちすらままならず、迷惑かけることが多々あって足ばかり引っ張ってました。

みんなが普通にできることを自分はできなくてその度に自己嫌悪になったりもして、そういう”重さ”から逃げたくて目の手術をしました。

「目が良くなれば、人生もうちょっとイージーモードになるんじゃないか・・・」

人生の難易度を変えたかったんです。

正直言えば、怖いから受けたくありませんでした。でも、それ以上に現状がもう無理だと思って、どうしても変わりたかったので、ビビりながら手術を受けました。

これで「人生イージーモードや…」とか思ってたのもつかの間、、、結果的にこの手術は失敗。”目が良くなれば人生変わるルート”は潰えました。

そしたら、「もう自分でやるしかないわー。。」って状況に追い込まれたわけです。

こうして、ブログをやるしかないと思って、2014年頃から始めました。

紆余曲折ありつつ、今は独立してやってます。

能力よりも取り組み方が大事

ブログで稼げるかどうかって、能力で決まるわけじゃないんです。

では、能力じゃなくて何で決まるかっていうと、取り組み方次第です。

ブログをビジネスとして捉え、きちんと真摯に向き合って取り組むことができるか?

もうこの一言につきます。

いぬさん
これまでやって上手くいかなかったとしても、取り組み方次第で結果はまるっきり変わるよ

ブログビジネスに必要な能力

ただ、能力が必要じゃないといっても、ブログをやるにあたって最低限必要な能力はたしかにあります。

でも、多くの能力は必要じゃありません。必要なのは、たったの2つです。

ブログに必要な能力
  1. PC or スマホが使える
  2. 文章が作れる

PC or スマホが使える

ブログを更新するためには、PCやスマホが使える必要があります。

これは料理するのに、包丁や鍋が使えなかったら話しにならないのと一緒で、最低でもPCかスマホが使えないと厳しいです。

ちなみに、スマホよりもPCのほうが圧倒的に仕事がはかどるので、ブログやるならPCは準備しておくことをおすすめします。

文章が作れる

また、文章が作れる必要もあります。とはいえ、読む人が舌を巻くような高い文章力が必要なわけではないです。

ふだん、メールとかLINEとかで誰かとコミュニケーションとることがあると思いますが、そんな具合にコミュニケーションが取れる文章力さえあれば十分です。

つまり、当たり前にPCやスマホで文章作れれば、あとは何もいらない。ブログやるのに、特別な能力なんて必要ないんです。

やろうと思えば誰だって今日からできますし、ブログを始めるだけであれば、それくらいハードルは低いです。

ねこくん
ん、始めるだけであれば・・・?
いぬさん
稼ぐとなると、またちょっと変わるよ

ブログをビジネスに変える

始めるだけであればいとも容易くできるブログですが、稼ぐとなるとまたちょっと違ってきます。

稼ぎたいなら、やはりビジネスとして取り組む必要があります。

では、ビジネスとして取り組むためにはどうすればいいかというと、ブログへの向き合い方を変えることです。

ねこくん
ブログへの向き合い方・・・?

向き合い方というのはいわば姿勢・態度のことです。

勉強も寝っ転がりながらやるより、椅子に座って背筋をシャキンと伸ばしながら勉強した方が頭に入りますよね。

ブログもシャキンとやるのか、ダラッ〜とやるのかでは、やはり出てくる結果も違ってきます。

正しい向き合い方に変えるためにもまずは、ビジネスとはどういうものかを知っておきましょう。意識しておけばいいのは次の2つです。

ビジネスとは
  1. ビジネスは、目的を実現する手段
  2. ビジネスは、利益を生み出す活動

ビジネスは、目的を実現する手段

ビジネスというのは、目的を実現するための手段です。

たとえば、「魚が食べたい」となったとき、海にいって自分で魚を釣りにいくこともできれば、市場にいって他の誰かが捕まえた魚と自分が持っている木の実とを交換して魚を手に入れることもできます。

この魚を釣りに行くのも、木の実を交換するのも、やっていることはそれぞれ別の仕事なわけですが、目的は「魚が食べたい」と一緒です。

では、もしこの「魚が食べたい」という目的がなかったらどうなるでしょうか?

ねこくん
目的がなかったら、、迷子になる?

そうです。なんのために、海に出かけて釣りに行くのか。なんのために、市場に出かけて木の実を交換しに行くのか。それがわからなくなります。

人は、自分が今なんのためにやっているのかがわからなくなると、途端に勢いを失います。なので、まずは目的を立てる。これ、非常に重要です。

「なんのためにブログをやるのか?」

目的を立てておくだけで、その先の結果がどうなるかがだいぶ変わってきます。

目的はデカい方がいい

あと、ポイントとしては、目的はデカい方がいいです。

たとえば、さっきの魚の例でいえば「魚が食べたい」という目的だと、魚を食べてしまったらそこで目的達成なんですよね。

そしたら、やることを終えてしまうので、また勢いを失います。

けど、「魚をもっと多くの人に食べてもらいたい」と目的が大きくなれば、この目的の終わりが限りなく遠くなり、活動を長い間支えてくれるようになります。

魚を獲りに行くのにも、釣り竿じゃなくて船と網を使うことを考えるようになるでしょう。市場で魚を交換するのにも、大量に仕入れて大量にさばくために人や車を雇うことを考えるようになるでしょう。

こんな具合に目的が大きくなれば、ビジネスもどうしたらもっとスケールを大きくしていけるかという所にも頭が回るようになるので、目的は大きいほうがいいのです。

今大きな目的がなくても構わない

ねこくん
でも、今そんな大層な目的なんてないけど・・・

目的はデカイ方がいいというと、自分にはそんな大層な目的がないと、焦ってしまって目的探しの長い旅に出かけてしまう人がいます。

でも、はじめっから大きな目的じゃなくたっていいんです。

ここで悩んで足踏みするのはもったいないので、とにかく最初は手を動かしていきましょう。

いぬさん
シャカシャカ動かす、これ大事

今はまだ大きな目的が思いつかなかったとしても、それはそれで構いません。どうせやっているうちに、だんだんと大きな目的が見つかってくるものなので。

私自身、ブログを始めたばかりの頃は、会社でもう怒られたくないとか、もっと時間が欲しいとか、埼京線の満員電車は無理っしょ、とか、、、最初は「会社をやめたい」っていう、ごくごく小さな個人的な目的からスタートしました。

でも、やっていく中で、「そういえば目の手術を受けに病院に向かってたとき、目が悪くてももっと住みやすい社会だったらなー。。」と、思ったときがありました。

これは目の手術のために新潟から千葉の病院に何度も通い、移動とか宿泊とか、すんげーしんどかった経験をしたときにふと思ったことです。

これも結局、個人的なところからスタートしている目的には違いないのですが、そうやってやっていくうちに大きい目的が見つかっていきます。

ねこくん
やってるうちに見えてくるものなのかー

目的なんて普通の人は普段考えたりしませんからね。

大きな目的を持てと言われて、いきなり持てるほうが不自然です。

なので、最初のうちは目的についてうんうん悩むよりも、まずは手を動かしていきましょう。

1日1ミリでも前進していけば、そのうち大きな目的も見えてきます。 

事例:この記事を書いている人の目的

「目が悪くても住みやすい社会にしたい」という私の目的について少し触れたので、参考事例をかねて、もう少し踏み込んで伝えさせてください。

「目が悪くても住みやすい社会」これはもっと広い意味でいえば、「ハンディを抱えていても住みやすい社会」ということです。

私の場合、通勤の往来が怖かったり、レジ打ちの数字が合ってるかいつも不安だったり、待ち合わせしても人の顔がわからないので無事合流できるか心配だったり、、と、いろんな心労がありました。

余計な心配っちゃ、余計な心配なんですけど、そんな心労が絶え間なくあったので息苦しかったんです。

けど、ブログだと外でなくていいし、画面をズームして数字も拡大できるし、待ち合わせとかもないし、すごい助かるわけです。

ただ、世間からみたら「ブログが仕事」ってのは少数派だし、何やってる仕事かよくわからん、真面目に働けって人の方が圧倒的に多いじゃないですか。つまり、肩身が狭いんですよ。

だから人に説明するのも大変だし面倒だし、よくわからないからこそブログを始めるにあたって、不安なこともでてきます。

たとえば、身バレ関係の不安もあるでしょう。

ねこくん
周りにバレたりしない?大丈夫?

これに答えておくと、名前とか顔出さなきゃバレません。大丈夫です。安心してください。

ブログを始めるにあたり、こうした心配が出てくるのはブログがよくわからない仕事であったり、地位や知名度がそんなにないからですね。

極端な話し、確実にハリウッド映画に出演できるなら?

身バレもくそも匿名性もかなぐり捨てて、会社から副業禁止とか言われてても「ちょっとハリウッドいってくるわ」とかなると思うんですよね。

でも、ブログはそうじゃないわけです。

・・・なので、ブログを仕事にする人がもっと増えれば、地位も知名度も向上していくんじゃないかと思い、ブログを始める人が増えればいいなと思って今回の内容も無料公開しています。

だから、もしこの記事を読んで、「あー、あのときミナガワが記事で言ってたこと、役立ったわー」とかなったら、そのときは「ハンディを抱えていても住みやすい社会にする」ために、ほんのちょっとでいいので協力してもらえると嬉しいです。

いぬさん
興味がある友達にこのブログのことを教えてあげてみて。一緒にはじめるきっかけになったり、面白いことになるかもしれないよ!

ビジネスは、利益を生み出す活動

ビジネスは営利活動するものですが、目的を果たすため活動を続けるためには、やはりお金が必要になります。

お金が尽きたら活動困難になりますからね。なので、利益を出すことは大切です。

そしてこれは、自分の利益だけではなく、他の人や社会へ利益をもたらすことも大切です。

私の家では、小学一年生くらいのときに、お風呂掃除したら30円もらえるお小遣い制度がありました。たぶん、そんなお小遣い制度があった人も多いんじゃないかと思います。

イメージとしてはこんな感じで、世の中には他の人の利益になることをしたら、それが自分の元に返ってくるというお金の流れがあります。

これはブログも一緒で、ブログが誰かの利益になれば、そのリターンとして自分の元に利益が返ってきます。

ブログを例として出すと下のような感じです。

「トイレが詰まったとき、自宅でできる3つの対策」

この記事はトイレが詰まって困っているAさんにとって、とても助けになる記事です。

Aさんは「これは助かる!」と思って記事を読み、3つの対策を全て試してみました。しかし、どれを試しても解決せず、Aさんはもうお手上げ状態で困ったよ…となりました。

Aさんはもう一度、記事をよく見てみます。

すると、記事の最後にこんなことが書いてありました。

「これら3つの対策を試して直らなかったときは、素人では解決できない問題が発生しているかもしれません。たとえば、私の場合はトイレ詰まりの原因はトイレ本体になく、外の貯水タンクにありました。そのときは、この業者Xに依頼したんですが、電話してから2時間できてくれてこの原因がわかり、その場ですぐに解決しました。もうお手上げだと思ったら、この番号にかけてみてください。」

どうしたらいいか困っていたAさんでしたが、新たな解決策を手にし、業者Xに電話をしました。

そうして、Aさんの問題を解決し、業者Xへお客さんを紹介したことで、記事を書いた人は紹介料をもらいました。

Aさんには利益があるし、業者Xにも利益があるし、記事を書いた人も利益を手にする。

つまり、win-winな関係なのですが、自分にとっても、自分と関わる人や社会にとっても、利益を生み出す活動をしていく。それがビジネスです。

ブログのメリット・デメリット

それでは、次にブログならではのメリット・デメリットについてみていきましょう。

ブログはいい面ばかりじゃありません。物事はなんでも二面性があるので、当然、ブログにもデメリットがあります。

ブログを始める前に、両方の面を知っておきましょう。

ブログのデメリット

おいしいものは最後にとっておく派なので、先にデメリットから紹介します。

ブログのデメリット
  1. 時間がかかる
  2. やることは地味
  3. ネット環境がないとできない
  4. 批判されることもある
  5. 意外と体力を使う

時間がかかる

ブログは基本的に、ある一定の成果が出てくるまでに時間がかかります。

これはもちろん、その人の作業量次第というところもありますが、少なくとも6ヶ月はみたほうがいいです。

早ければ3ヶ月くらいで成果がでる人もいますが、今日はじめていきなり明日成果が出るとかそういった甘い世界ではないです。

コツコツやることを前提に取り組む必要があります。

やることは地味

また、ブログはクッソ地味な作業のオンパレードです。

ブログは有名人もやっているせいか、華やかなイメージもありますけど、実際はほぼPCに向かってカタカタしてるだけですからね。

実は本当に地味な作業の連続ですよ。

ずっとPCいじってるだけなので、下手したら周りの人からただ遊んでるように見えるなんてこともあります。

ネット環境がないとできない

ブログやるにはネット環境が必須です。

オフラインでもある程度の作業はできますけど、ネットにつながらないと記事を公開することができないし、Web検索が使えないと調べ物もままなりません。

なので、常にネット接続できる環境が必要になります。

批難されることもある

あとは、ブログやってれば批判されることもある、という点です。

記事をかけばその記事に対して賛同してくれる人もいれば、文句を言ってくる人も必ずいます。

もう、こればっかりは仕方がなくて、避けては通れない道です。

一応、匿名でやったり、コメント封鎖してブログ鎖国すれば、こうした批判を目にすることもなくなりますが、叩かれるときは叩かれます。

どうしても傷つきたくなくて「私、超繊細だから…」って人は、やめておいた方がいいと思います。

意外と体力を使う

それと、ブログはデスクワークなので楽に思われがちですが、意外と体力を使います。

ずっと椅子に座ってPCやればさすがに疲れますし、なにより一番疲れるのは頭です。

ブログは自分の頭の中にあることを、文章として外に吐き出します。

そのため、知識を仕入れて調べ物をしたり、人に伝わるようにするためにどんな文章にするのかを一生懸命うんうん唸って考えます。

初めて私が記事を書いたときは、1,000字書くのに4時間もかかりました。

その間、椅子に座りっぱなし。頭もふだん使わないとこ使ったせいか、どろどろに溶けて、作業後はグッタリです。

ただ、これは回数こなせば頭も鍛えられていくので、続けていけばもっと楽にかけるようになります。

やればやるほど頭が鍛えられていく、という感じですね。

ブログのメリット

次にブログのメリットを紹介します。

ブログのメリット
  1. 小資金で始められる
  2. 作業時間を選ばない
  3. 作業場所を選ばない
  4. ストック型である
  5. 人とつながるチャンスがある

小資金で始められる

ブログがビジネスとして優れているのは、なんといっても小資金で始められる敷居の低さです。

たとえばラーメン屋を出そうと思えば、100万〜1,000万円くらいお金がかかります。

でも、ブログであれば最初に1万〜5万あれば始めることができます。

一応、ブログには無料ブログなるものもありますが、無料ブログはビジネス利用には向いてませんので、ビジネスでやるなら初期投資ありきで考えておいたほうがいいです。

この理由についてはまた次回の記事で詳しく話しますが、ビジネスを新しく始めるとき、リアルなら店舗構えるためにかなり高額のお金がかかりますが、ブログなら超小資金で始められます。

作業時間を選ばない

ブログは作業時間を選びません。これはブログならでは強みです。

朝5時に起きて出勤前にやってもいいし、子供を送って洗濯物干したあとでやってもいいし、帰宅してドラマみてからやってもいいし、時間帯を選ばずにいつでもやることができます。

朝型生活の人も、夜型生活の人も、なんでもOKです。とにかく時間に融通が効くのが強いところです。

作業場所を選ばない

また、時間を選ばなければ、場所も選びません。

ネットさえつながっていれば、場所に縛られずにどこからでもブログを更新することができます。

そのため、自宅でまったり作業してもいいし、カフェでお洒落に作業してもいいし、旅行先でレジャー楽しみつつ作業してもいいし,会社で仕事するフリして作業することもできます。

まぁ、最後のがいいかどうかは置いといて、24時間いつでもどこでもOKというのは破格のメリットですよね。

ストック型である

次に、ブログはストック型であるという点です。

記事は一度公開すれば、削除されるまでずっとウェブ上に残ったままなので、書けば書くほど記事が増え、蓄積されていきます。

すると、どんなことが起きるのかというと、ブログが成長していくんですね。

ブログが成長すれば、それに伴ってアクセスは増えていきますし、そうなると収益が発生するチャンスも増えていきます。

また、記事だけじゃなくて、ブログ自体も1個、2個、3個…とストックして複数持つこともできます。

これは結構すごいことでして、仮に月3万円稼ぐブログができたとき、これを10個作れば月30万円になります。

月30万円っていうと、ちょっと遠く感じるかもしれませんけど、月3万円のブログだったら、なんとなくできそうな気がしてきませんか?

それを10個作れば、月30万円です。

単純な算数なんですけど、考え方次第ではハードルって結構低いんです。

ただ、、月3万円稼げるようになるためには、まずは月1万円稼げるようにならないと。

そういうわけで、最初はとにかく月1万円をガムシャラに目指すことをおすすめします。

人とつながるチャンスがある

あとは、ブログやれば人とつながるチャンスがあるということです。

ブログをやっているとコメントやお問い合わせをもらったりすることがありますが、この他にも運がよければ企業の担当者や影響力を持った有名人の目に止まり、そこから新しいチャンスを手にできることもあります。

実際にブログきっかけでテレビで紹介されている人とかもいるので、あなたも見たことがあるかもしれませんね。

また、そこまでいかなくともブログを通して情報を発信していれば、あなたの情報を求めて同じような趣向の人が集まってきます。

人によってはそうした人たちとお茶会やったりイベントやったりしている人もいるので、自分の好きなことを発信してそれに共感してくれる仲間みたいな人が集まってきたら嬉しいですよね。

 

こんな具合にブログはやっていれば人とつながるチャンスが生まれていきますし、人とのつながりができればそれは人脈になります。

そして、人脈というのは目に見えない隠れ資産で、さらにそこから仕事のチャンスがやってくることもあるので、実は意外と大きなメリットです。

ブログを収益化する2つの方法

ここからはブログをビジネスに変え、収益化する方法について知っておきましょう。

収益化する方法はたくさんあるように思えて、実はたったの2つに集約することができます。

それは「広告」「販売」です。

ブログ収益化の方法
  1. 広告
  2. 販売

種類1.広告での収益化

広告での収益化はブログに広告を貼り、宣伝した対価としてお金が発生する収益化方法です。

私たちはテレビやラジオも無料で見ることができますけど、あれはCMという広告で収益化されているからできるわけですね。

で、ブログも同じように広告で収益化できるわけです。

広告の中にもいくつか種類があるのですが、最初は基本の2種類として「クリック報酬型広告」「成果報酬型広告」を覚えておけば大丈夫です。

広告収益化の基本2種類
  1. クリック報酬型広告
  2. 成果報酬型広告

クリック報酬型広告について

クリック報酬型広告というのは、ブログに貼った広告がクリックされるだけで報酬が発生するタイプの広告をいいます。

クリックするだけで報酬発生というのがミソで、収益が発生しやすいという特徴があります。

このクリック報酬型広告ができる広告サービスに「Googleアドセンス」という有名なサービスがあります。

成果報酬型広告について

成果報酬型広告というのは、「アフィリエイト」のことです。

アフィリエイトのほうが聞き慣れていると思いますので、以降はアフィリエイトと呼んでいきます。

アフィリエイトの場合、”成果報酬”というのが特徴でブログに貼った広告がクリックされ、そこからさらに“コンバージョン(成果)”が生まれることではじめて報酬が発生します。

ねこくん
コンバージョンってなに?

コンバージョンというのは「転換」という意味を持つ言葉で、インターネットの世界ではなんらかの目的とした成果が出たことを指して使われます。

たとえばあるページから「商品が購入された」「登録があった」とかいうとき、これらを全てひっくるめて「コンバージョンがあった」と言います。

いぬさん
ちなみに、コンバージョンはよく「CV」と略されるよ

種類2.販売での収益化

販売での収益化は、商品やサービスを自分が売っていくやり方です。

イメージしやすいところでいえばネットショップがわかりやすいと思いますが、ようはこれと同じ仕組みで、ブログで記事を書いてお客さんを集め→商品を販売ということをやっていきます。

販売の特徴は、なんといっても自分の好きにできる点ですね。

商品の単価を決めれるし、何を売るかも決めれるので自由度が高いです。

たとえば、個人でハンドメイドアクセサリーを作って売ったり、有料コンテンツを販売したり、コンサルティングのサービスなどアイデア次第でなんでも売れます。

かくいう私も、ブログビジネスに関するサービスを扱っています。

ブログビジネスの難易度

ブログを収益化する方法で「広告」「販売」について紹介しましたが、実はよくみると全部で3種類ありました。

その3種類とは、、、、

収益化3種類
  • 広告(クリック)
  • 広告(アフィリエイト)
  • 販売

この3つです。

実はこの3つ、収益が発生するタイミングがそれぞれ微妙に異なってくるため、難易度も変わってきます。

どう違うのかというと、それを図に表すとこんな感じになります。

収益発生の流れ
  1. 記事にアクセスしてもらう(共通)
  2. 広告をクリックしてもらう(広告クリック)
  3. コンバージョンしてもらう(アフィリエイト)
  4. 商品を引き渡す(販売)

上の図はそれぞれ、どんな流れで報酬が発生するかを一枚にまとめた図で、どのタイミングで収益が発生するかについてをカッコ書きしています。

流れをみてもらうとわかるように、「クリック型 < アフィリエイト< 販売」の順にやることが増えていきます。

そのため、作業量という観点から難易度を考えると、クリック型が一番やさしく、販売が一番難易度が高いといえます。

ねこくん
どれをやろうかな・・・?
いぬさん
もし迷ったらクリック型からはじめるといいかもね

ブログで月1万円稼ぐには?

それでは最後に、ブログで月1万円以上稼ぐにはどうすればいいのかみていきましょう。

ねこくん
え?たった1万円?
いぬさん
そう、“まずは1万円”

月1万円は少ないと思うかもしれませんが、「一銭を笑うものは一銭に泣く」ということわざがあります。

月1万円稼ぐことができなければ、それ以上を稼ぐことも当然できません。なので、まずは徹底して月1万円を目指すことをおすすめします。

正直、ブログ初心者が一番大変なのは、全てが未知の状態から始まる 0円から月1万円のゾーンです。

しかし、この月1万円ゾーンを突破できれば、ブログの要領も稼ぎ方もなんとなくわかってくるし、数字が上がっていくのが楽しくなってブログにのめり込んでいけるようになります。

誰だって最初は初めてなんだから、ある程度コツを掴んでからもっと上を目指したっていいじゃないですか。

まずは、ブログで稼げることを知り、稼ぐ楽しさを味わってみてください。

そしたらブログにハマれるようになるし、ハマれば稼げるようにもなっていきます。

ねこくん
月1万円はバカにできないんだね・・・
いぬさん
そゆこと!

そんなわけで、まずは月1万円を目指すためにどうすればいいかを紹介します。

検索で上位表示を取る

ブログで稼ぐためには、アクセスを集めなければいけません。

では、どうやってアクセスを集めればいいのかというと、検索エンジンからのアクセスを狙っていきます。

※ちなみに、検索エンジンからのアクセスを狙っていくことを「SEO対策」と呼びます。

ねこくん
・・・SEO?
いぬさん
Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味だよ

SNSからもアクセスを集めることはできますが、やはり一番のアクセス源は検索からのアクセスです。

きっとあなたもGoogleやYahooで検索したことがあると思います。

私たちが書く記事というのも、記事が評価されれば検索結果に載ります。

そして、検索結果の1ページ目に表示されることを上位表示というのですが、検索結果の1ページ目に入ることができれば、アクセスがやってくるようになります。

これは自分自身が検索したときのことを思い出してもらいたいのですが、検索したとき、2ページ目、3ページ目まで検索結果を見るでしょうか?

ねこくん
そういや、1ページ目しかみないなぁ…

基本、1ページ目しか見ませんよね。

検索結果をわざわざ2ページ目まで見る人はかなり少ないので、1ページ目に表示されることを狙うのがアクセス集めの基本になります。

いぬさん
1ページ目は具体的にいうと1位〜10位以内のこと。けど最近はスマホでみると10位まで表示されないこともあるから5位以内に入りたいところ

6ヶ月は続け、最低100記事は書く

ねこくん
なんで6ヶ月?
いぬさん
ブログは成果が出るまでに時間がかかるんだ

ブログで月1万円を目指すにあたって、6ヶ月は続け、最低100記事は書くことを前提にはじめてみてください。

この6ヶ月という期間はかなり余裕を持たせていて、月1万円であれば早い人なら1ヶ月で超える人もいます。

しかし、スタート地点は人それぞれバラバラです。

作業できる時間も違ければ、文章力も違うし、PCの慣れも違う、書くジャンルも違うでしょう。

また、新しくブログを立ち上げたばかりの頃というのは、時事性があるネタを扱うなら話はまた別ですが、ほぼアクセスがきません。

これはなぜかというと、作ったばかりのブログは検索エンジンに評価されるまでに3ヶ月ほど時間がかかる傾向にあるからです。

なので、最初の時期は記事を書いても検索結果に載らない、載ってもめちゃくちゃ順位が低いなんて状態です。

しかし、3ヶ月ほど経つと記事が評価され始め、記事の順位が上がっていく現象が起きます。

こうしたことがあるので6ヶ月は続けてみてください。

ねこくん
ブログは書いてすぐ評価されるんじゃなくて、時間差で伸びてくって感じ?
いぬさん
そうそう。後から評価されて順位が上がって、アクセスが入ってくる感じだよ

また、ただ6ヶ月やればいいというわけではなく、当然ながらある程度の記事数は必要になってきます。

少なくとも100記事は欲しいですね。

ブログは育つまでに時間がかかりますが、記事数が増え、時間経過するとアクセスも増えていくようになります。

たとえるなら、噛めば噛むほど味が出る、スルメみたいなものです。

6ヶ月は続ける覚悟で始め、最低100記事は目指していきましょう。

興味あるジャンルを選ぶ

ねこくん
稼げるジャンルと興味あるジャンルはどっちがいい?
いぬさん
月1万円なら、断然興味あるジャンルでいこう!

6ヶ月ブログを続けるためには、やはり興味あるジャンルじゃないと難しいです。

そして最初は、「儲かるジャンルを選ぼう」とか、そんなこたぁ気にしなくていいです。

なぜなら、月1万円なら、どんなジャンルでもいけるからです。

一応、儲かるジャンルの一例をあげておくと、昔からよく言われているのが「仕事・お金」「人間関係・コミュニケーション」「健康・美容」にまつわるジャンルです。

けど、月1万円であればジャンルにこだわる必要はありません。

爬虫類ネタでもいいし、宝塚ネタでもOKです。これらのネタで月10万円いってる人も知ってます。

ねこくん
へえーなんでもいけちゃう感じ?
いぬさん
うん、ぶっちゃけ雑記でも全然いけるからね

なぜ最初は興味あるジャンルがいいかというと、ブログに慣れるためです。

結局のところ、儲かるジャンルを選んでも続けなければ成果は上がりません。儲かるジャンルにとらわれすぎると、かえって稼げないこともあります。

そもそも儲かるジャンルには強力なライバルも多くいます。この中で上位表示させようと思えば競争が激しくなる分、難易度は上がります。

そうした荒波の中に生まれたての赤ちゃん状態で突っ込み、興味がない中、継続してやっていけるかどうか?

もし、やっていけるならやりましょう。

けど、そうでないなら最初は自分が興味あるジャンルをやってみることをおすすめします。

「継続は力なり。」です。

また、現時点でとくに興味あるものがなければ、とりあえずジャンルは絞らずになんでも興味を持ったことを書いてみるといいです。

そうやって書いていくうちに、自然と興味の幅は広がっていきますし、その中から集中してやりたくなるジャンルも見つかっていくからです。

まとめ

ブログビジネスの基礎については終わりです。

全体像についてざっくりと説明してきました。

今はまだなんとなく、ブログビジネスのイメージが掴めていればそれでOKです。

次からは実際にブログを始めるために「ブログの始め方」に入ってきます。

次のステップ「ブログの始め方」に進む